『ウェブ・セールスコピーの法則』 口コミ 評判 レビュー

『ウェブ・セールスコピーの法則』って結構前からやってなかったっけ?なんでいまさらキャンペーン見たのやるんだろうか??売れたんでしょうかね。
たしかにいい本ではありましたが……。。

せっかくなので、ちょっとレビューを見てみよう。。。

本商品の酷評を目にすることがありますが、
アメリカや日本に関係なく、心理学に基づくものなので
「国民性」は問題外だと思います。
基本的な人間の欲に基づくマーケティング手法なので
流行りの情報商材よりは、末永くお付き合いが出来る『スキル』
だと確信いたしますよ^^

やっぱりダイレクト出版の本はアメリカの翻訳だから、「日本では使えない」っていうのは根強い批判としてあるんですよね。たしかに、いやそれ日本でそんなことしないよみたいのあるんですけど、「やる前からどうしてそんなことわかるの??」ってことですよね。アメリカンなノリを日本に持ってきちゃえばいいじゃないですか。

前にアメリカの信用取引(ハイレバレッジ)の話をBlogでしたんですけどね、似たようなことを日本でしてる人がいて結構成功してるんですよ。で、これダイレクト出版ではとっくの昔に動画で出てたんですよ。その動画はもう古いのでたぶん販売されてないですが、私はそれ買ってみてたんで知ってたんですよね。たぶんこのblogのどこかに残ってます。それと似たようなことを日本でやってる人がいて(残念ながら私ではないのですが)、結構成功してるんですよ。いやー私もやっておけばよかったなあみたいな話ですよ。

「流行りの情報商材よりは、末永くお付き合いが出来る~」ですが、まあこれはネタがほしいのかスキルがほしいのかってことですよね。当然、スキルがなければネタがいきませんから、スキルを先に、ってことですよね。

ちなみに私は今情報商材にしちゃおうかなとおもってる月100万稼げるネタがあるんですが、これタダで友達に教えても誰もやらないんですよ。なんでかっていうと、めんどうくさがるから。だから逆にお金払ってもらって、払った以上これやるしかないなぐらいの気持ちが大事ですよね。まあ私もタダで聞いてもやりませんけどね(笑

第1章を読んだだけで、ああしたい、こうしたいというアイディアが浮かんできます。

ついつい実践しながら読み進めてしまうため、まだまだ最後まで読めてませんが、非常に価値ある1冊だと思います。

やっぱり大事なことは、ああしたい、こうしたいと思ったときに、すぐ本を閉じて実行することですよね。ダメな人は本の続きを読んでしまうんです。

セールスレターの考え方がわかってると、別にホームページの文章を書くだけでなく、営業とかにも役に立ちますよね。

一言でいうと、英会話教材を100万円で売るとき、本とDVDを100万円で売るって考えると高いけど、英語のできる自分を100万円で売るって考えたらむしろ安いですよね。
要は何を刺激するかって話です。商品のよさではなく、変わった自分(客)の未来のよさを説明しないといけないのです。

早い話、100万円で英会話教材買えば、英語ができます。英語ができれば、外資系のイケイケ企業に勤めて金髪ギャルと国際結婚できます。それがなんとキャバクラ20回分の価格!しかもその100万の投資で年収はいまの10倍!車もポルシェに変わります。100万円が1000万になります。逆に買わない理由って何かあるんですか????

という強い営業ができるようになるわけです。

それでは、また!
※あからさまに検索エンジンを意識したタイトルですいません(笑

いつ会社をクビになっても平気

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes