あなたの一万円と私のロレックスヨットマスター交換しませんか?

あなたの一万円と、私のロレックスヨットマスターを交換しませんか?

このコピーを知っている人は、はっきり言ってかなりの胡散臭い情報を調べている人だと思います。

私の知る限り、最高のコピーです。

もう、聞いただけでわくわくしませんか?

これ、実は競馬予想サイトの広告なんです。

競馬予想サイトって、要するに、当たる賭け方を教えるから、その通りやれば的中して儲かりますよってサイトでしょ。

ということは、お金がほしい人に向けられた、楽してお金を稼ぐ方法なんですよ。

ここ大事だから、もう1回いいますよ。

1.お金がほしい人に向けられた ※顧客対象

2.楽してお金を稼ぐ(方法) ※顧客の目標

あらゆるビジネスというのは、対象顧客を設定し、目標とする状態に持っていく方法を提供するものなんですね。

例えば、薄毛対策の薬を販売しているお店っていうのは、髪の毛が薄くて悩んでいる人に、その悩みが解放されて毎日コンプレックスに悩むことなく送るようにしてあげるという方法を提供しているわけですね。

ということは、要は髪の毛が薄い人に、悩みのない日々を提供してあげればいいわけであって、カツラだっていいわけですよね。本人がそれでいいなら。
だから、薄毛対策のお店で、カツラを売っても売れるんです。

顧客と顧客の目標が一致している限り、手段はいくらかえても、それは売れる商品になる、ということ。

この前提を抑えた上で、競馬予想サイトの広告に戻りましょう。

私は競馬予想サイトの広告で、まったく読まずに即ゴミ箱にやるんです。
どうしてかっていうと、競馬のことをよく知らないし、興味もないから。
これはFXも同じで、よくわかんないし、興味ない。だから、即ゴミ箱。

私の中にあるのは、競馬とかFX、株式投資、ロト6っていうのはビジネスではないわけです。
だって、予想してあてるだけでしょ。今回当たったから次当たるとは限らないし、ノウハウも蓄積されないし、それを続けて大金持ちになれるとはちょっと思えないな……。

って、私は思うわけです。

でも実際、競馬で100発100中、ロト6も全部透けて見えて全部当たるんだったら、それだけで億万長者ですよね。
つまり、これは私の偏見なんです。

こういう偏見を持ってる人は多いと思うんです。
競馬なんかビジネスじゃないって思ってる人多いでしょう。
(※誤解されないで頂きたいのですが、私は競馬はビジネスだと主張しているわけではありませんよ)

私みたいにお金儲けしたい、楽して稼ぎたいと思ってる人でも「競馬?ちょっと違うなあ」っていう人は多いんです。

これって実は、競馬予想サイトを運営する上で、一番の障壁です。

競馬=ギャンブル=当たるかどうかわからない

これを覆さないといけないのですから、大変です。
「競馬」という言葉を出した途端に逃げていくお客さんがいるのです。

さて、この広告をもう一度みてみましょう。

あなたの一万円と私のロレックスヨットマスター交換しませんか?

どこにも競馬なんて書いてありません。
おまけにCC懸賞とかいう意味わからないことが書いてあります。→Challenging Changeのことらしい。意味わからない。笑
LPもめっちゃキレイ目なサイトです。
おねーさん、35歳とはとても思えない美人です。横井真由美さん、あなた芸能人になったほうがいいですっていうレベルです。

「新感覚の懸賞スタイル!CC懸賞」

文字はピンク、美人なおねーさん。
どこか、女性向け商品を思わせるそれは、少しも競馬のおっさん臭さはありません。

そうです。競馬予想なんていうのは手段に過ぎないのです。

当たるんだから何でもいいじゃない?
別に競馬場にいくわけじゃないし?
お金増えるなら、競馬でも宝くじでもロト6でもアフィリエイトでも起業でも何でも同じでしょ?
こう言わんばかりです。

しかもLPから中身は一切不明。

怪しい、怪しい……と思いつつ、私は資料請求をしていたのでした。

広告は、商品を売るのではなく、期待を売るのです。

p.s.いやあ、いつ見ても最高のコピーだ。これ。ちなみに私はヨットマスターって知らなくて、メールのタイトルが「あなたの一万円と私のヨットマスター交換しませんか?」と書いてあって(ロレックスが抜けている)、私はヨットだと思ったんですよね、乗り物の(笑)。
ヨットと1万円交換するってどういう意味だろう。新手の手法だなと思って、クリックしてはじめて、ヨットマスターが時計であることを知ったのです。
ちなみに、ヨットマスターは100万円くらいする高級時計みたいです。

それ以来、なんとなく時計買うならヨットマスターかなと、どうでもいいところで興味を持ってしまったのでした(笑)。
時計とか身につけるものって、由来のあるものがいいですよね。

彼氏に記念日にもらったとかそういうのでもいいけど、そういうありふれたのじゃなくて、自分にとって特別な意味のあるものだといいですよね。
例えば、ヨットマスターに1万円で交換しますっていうコピーにつられて、大損して、そこから立ち上がって今の私があるみたいな(笑)。あの頃の気持ちを忘れないために私はヨットマスターだ、みたいなね。なんか少年漫画みたいだけど。

私は時計はブルガリ。実は高級時計なんて全然興味ないし、そもそも時計をつける習慣もなかったし、時計なら時計メーカー(SEIKOとか、外国のにしてもオメガとか)がいいと思ってたし、ブルガリなんか候補にもあがってないし、多分1万円でも買わないと思ってたんです。
でも、ある話にすごく感動して、180度考え方が変わったんです。
感動体験があれば、何でも買うなっていう。

#あなたが広告書きなら、感動した広告には敬意を払って、ほしくない商品でも買いましょう。「参りました」の意味で。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes