これから情報商材販売をする人のための無料のリスト集めの方法

今日は親切にも、これから情報商材販売をする人のための無料のリスト集めの方法を教えようと思います。

まず、おおざっぱな情報商材の販売の流れを説明します。

1.メルマガの読者を集める

2.メールの中で販売ページへ誘導します

3.売ります

情報商材って基本的に胡散臭いものですから、顧客がその人のことを信用しないと、まず買わないんですね。
というわけで、普通の商品と違って、TVCMとか、チラシを配ったところで絶対売れない。
顧客を育てる(信用してもらう)には、メールで、コイツの情報はタメになるなと思ってもらうのが一番いいわけです。

ここまではそんなに難しいものではありません。
メルマガ配信システムを使って、メールを一所懸命書いて、いいメルマガにすればいいわけです。
販売ページも慣れれば、長ったらしいセールスレターも嘘のようにすらすら書けるようになります。書けなければ外注すればいい。

では、一番難しいのはどこかというと、一番最初のリスト集めです。

どうやってメルマガの読者を増やすのか

これが一番の課題というわけです。

今日はこれを教えます。

無料でメルマガ読者を増やす3つの方法

方法1. 相互紹介をする

まぐまぐなんかでは一般的ですが、人のメルマガを紹介するかわりに自分のメルマガも紹介してもらう。
これを繰り返すわけです。地道な「相互紹介しませんか?」という営業活動が必要です。
ただ、これはまぐまぐであればいいのですが、私の薦めるステップメールでは、ちょっと向いていない方法です。※お薦めはアスメルです。というかメルマガ配信ツールは、アスメル以外ないと思います。安いし最高の性能です。
なぜなら、ステップメールでは自分の商品を紹介したいのに、せっかく集めた読者が他人のメルマガなんか購読してたら困るわけです。
しかも、相手も、ステップメールとなると販売目的なのが明らかですから、それはそのまま自分の顧客リストを渡すことになります。
これはやりたくない。

方法2.無料レポート

まぐぞうなんかに代表される無料レポート配信スタンドに登録して、無料レポートをあげる代わりにリストを取得するという方法。
メリットとしては、キャッチーなタイトルをつければ、20~30人くらいのリストが手に入ることが挙げられます。
デメリットとしては、1個のレポートに対し、その程度しか集められないということです。コピペの自己紹介分で2ページ、量産用の薄っぺらいコンテンツで2ページの4ページ構成のクソ無料レポートなら量産できますが、いいものを提供しようとすると、とてもじゃありませんが体が持ちません。
しかも、その先には、さらに情報商材というレポートを書かなくてはいけないのですから、ネタが尽きます。当然ですが、クソレポートでは、読者はあなたのことなんかこれっぽっちも信用しません。それどころか、ああクソレポートの○○か、と悪い意味で名前が覚えられます。情報商材というのは、いわば、有料のレポートです。クソレポートを書いてる人が148000円で有料の商品を出したところで、それがいいものだと思いますか?絶対思わないですよね。

方法3.Blogで集める

Blogにメルマガ登録フォームを設置して集めます。この方法は、何もしなくても読者が勝手に検索してあなたのブログを見つけ、勝手に登録するのですからラクなものです。その代わり、次に「Blogのアクセスはどうやって集めんねん?」という問いかけが発生します。Twitterから誘導するとなると、「じゃあTwitterのフォローはどうやって…ry」ということになってしまいます。

というわけで、無料の方法は欠点ばかりで、よほど根性がないとなかなか無料の集客はできないのですが、これらの方法をうまく組み合わせることでいくらか効率的にリストを集められます。「いくらか」と言ったのは、それでも多少の根性がないとリスト集めはできません。そもそも情報商材やアフィリエイト等のいわゆる胡散臭いネットビジネスは根性がないと成功しません。1万人に1人しか成功しない、アイドルになるくらい厳しい世界なのです。その変わり、成功すればアイドルより楽な不労所得生活が待っています。名声はアイドルと違い、尻の毛ほどもありませんが。

では、どうしたらいいのか。

まず、Blogを一所懸命書きます。手抜き記事はひとつも書きません。
せっせと200記事書きます。アメブロでは集客できませんので、当然WordPress×独自ドメインです。これができない人は集客は無理です。
とはいえ、最近はサーバーのサービスに、WordPress簡単設置とか独自ドメイン簡単設置みたいのがありますので、お金を払えばだいたいワンボタンで設定できます。私はさくらサーバーを使っていますが独自ドメインは1800円とぼったくりみたいな価格ではあるものの、ワンボタンですぐに作れます。DNS設定とかそんなことはしなくてもすぐ使えます。WordPressもワンボタンで即作れます。同様のサービスはろりぽっぷでもあります。私はさくらとろりぽっぷしか使っていませんので、他はわかりませんが、きっとどのレンタルサーバーも同じようなサービスがあると思います。

200記事書く理由は、200記事書いたころにぽつぽつアクセスが増えてくるからです。しかも200記事書くのに1年くらいかかりますので、いい具合に時間が経過して、アクセスも増えてくるわけです。仮に1日200記事書いてもアクセスは増えませんが、なぜか時間が経つとアクセスは増えるものです。これは毎日毎日誰かがいろんな言葉で検索して、たまたま、あなたのブログがひっかかる可能性が日ごとに高まるからです。

だいたいダメなアフィリエイターはアクセス解析ばかりみて、「はあ、今日も4アクセスか……」と肩を落とすものですが、そんなことをしていたら持ちません。アクセス解析なんか見ないでとにかく200記事書く。200記事書いた頃には、1年ぐらい経過してますから、アクセスもぼちぼちあるはずです。

こうしてできあがったBlogは200記事すべてがまともなコンテンツのはずです。

今度はこの記事を適当に組み合わせてレポートにします。
1記事1000字だとしたら、3記事で3000字程度のレポートになります。レポートにするにはワードにコピペしてpdf形式で保存するだけです。
これを無料レポートにしてガンガンリストをとります。
Blogにもメルマガ設置フォームを作って登録してくれるのを待ちます。さらにBlogにはTwitterとかFacebookのボタンでもつけて、バイラルを期待します。まじめに書いているのであれば、記事によっては3回~5回くらいは誰かが投稿してくれるはずです。

こうして、せっせとリストを作っていくわけです。

どうですか、情報商材も大変でしょう。
もっとスパムめいたやり方もありますが、たいていそういうのはうまくいきませんので、ここはしっかり腰を据えてまじめにやりましょう。
情報商材はリストさえあれば、年間で1000万~2000万くらい売上だせますので、ここはひとつがんばってみようではありませんか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes