その商品を買おうとしている消費者はマヌケなのか

思いっきり放置してました。

このBlogは中国からアタックを受けてて、アクセス解析があんまりあてにならないんですよね。ただuu見る限りあんまり増えてなさそうです。残念。

今までずっとwebでお金を稼ごうと思ってたのですが、最近リアル系(?)にシフトしています。リアル系のほうがずっと簡単ですね。
何が違うかっていうと、消費者の賢さです。
Webの消費者は基本的に「ググる」というスキルをもってるので、たとえば15円で買ってきた化粧品を1万円で売るというのはできません。
webでものを売る以上公正な価格競争にさらされているというわけです。

これがリアルとなるとクローズドな世界で、「これすごいんだよ」と言って売りつけることもできるわけです。特に知り合いを通さないとものを買わない層っていうのが結構きて(なぜそうなのか皆目不明ですが)、彼らは完全なカモです。
こないだも3000円で作った名刺を1万円で売ってやりました。彼らはスマホをもっていても決して検索をしません。

情報商材なんかもそうなんですが、基本的にあほを狙いますよね。
前もいった気がしますが、そういうあほを狙っていかないと粗利をドカンと稼ぐのは難しいわけです。

それにしても、ヤフオクが儲かりません。
ガセネタ続きで損失をくらっています。
私もまたあほの一人なのかもしれない。

田舎でお店の1Fで大きなアパレル店舗やりたいのですが、やっぱりそういう立地だとテナントが50万/月とかかかっちゃいます。
なかなかそれだけのリスクはとれないのですが、まあそのうち。アパレルも客がアホなのでボロいです。逆に客が賢いジャンルは、家電、パソコン。

これから商売はじめるなら頭の悪そうな人が興味をもつものをやるといいと思います。バイクとかね(笑

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes