インフォトップのランダムリンク生成で完全不労所得のアフィリエイト

インフォトップにランダムリンクってありますよね?
知ってます?

わからない人に説明しますと、まずインフォトップにアフィリエイターとして登録しますね。
で、ログインして、ページ上部のメニュー欄の「商品ランダムリンク作成」をクリック。
そうするとランダムリンクが表示されるjavascriptが表示されますので、これをコピペすれば、自動でリンクが生成されます。

こんな感じになりますね。

ジャンルはいくつか選べて、上の私が例にだしたやつだとジャンルは「ネットビジネス」で、ネットビジネスに関する広告だけが出るわけです。
だいたいインフォトップのアフィリエイトなら報酬が2000円~10000円くらいなので、一発当たれば大きいわけです。
しかも、毎回広告が変わるので、いちいち差し替えしなくてもいいし、記事とぴったりマッチするとは限らないかわりに、曖昧なテーマだったり、広告をまめに差し替える手間が省けて非常に便利なわけです。

今回は、これを利用します。

まず、Blogを作ります。
当然、WordPressで作ります。最初から入ってるテーマのphpの部分を編集して、フッター部分にjavascriptが自動挿入されるように設定します。
こうすることで、今後、書いた記事はフッター部分(記事の最後)に、インフォトップの広告が表示されるようになりました。
後は、ただ記事を書くだけ。

とはいえ、記事を書くのは大変なので、外注します。
文章は誰でも書けるので、安く使えるライターさんにみっちり書いてもらいます。
記事の質はどうでもいい、と。文字数だけあればいいと(笑)。
かといって、ワードサラダではだめです。どうしてかわかりますよね。最終的にはインフォトップの商品を買ってほしいわけですから、ワードサラダでは、そもそもコンテンツが読まれないので、読者はクリックした瞬間、「あ、ここゴミサイトだ」と思って去っていきます。
ですので、記事はつまらなくてもいいけれど、記事といえる程度の体裁であることが重要ということになります。

—–
◆memo
ワードサラダとは――ワードサラダというのは、検索にひっかかる最低限の文法規則に乗っ取っただけの文章で、内容がまったくないもの。主にプログラム等を使って自動的に生成されて、記事を水増しするのに使われる。現在の技術では、コンピュータが文章の意味情報を完全に理解することができないたので、普通の文章とワードサラダを判別することは難しい。 このため、ワードサラダを使った文章はスパムフィルタをすりぬけてしまうのである。
例:「サークル30代女性在宅ワークはアメブロよりも専用ソーシャルネットだわ」

さすがにこれはいつか対策されますし、そもそもこんなことをしていたのでは、完全にスパム業者ですから、少なくとも夢を持つ起業家としては、ここまで虚しい作業には身をおとしたくないものです(笑)

—–

だから、ライター使う、と。
ライターは、ライターマッチングサイトがあるので、こういうところで探します。
だいたい相場は1文字1円~0.4円くらいなので、今回は記事の質は低くてもよいというわけで、0.4円くらいに設定します。ちなみに0.4円より下げると、集まりが非常に悪くなりますので、よほど長期でしかもお金をかけない作戦なのでなければ0.4円くらいがいいでしょう。要するに、1記事1000円換算で400円で書いてもらうわけです。100記事で4万円。10万円あれば250記事書いてもらえる計算です。
だいたい、SEO的に効果が出てくるのは150記事~200記事くらい書いた状態で1年半くらいか経過したあたりなので、予算10万円でさっさと250記事書いてもらって、あとは放置します。ライターにはBlogのIDとパスワード教えて、直接書いてもらいます。募集も20記事単位で募集すればいい感じに、記事のアップされるタイミングがばらばらになるので自然に記事が増えていきます。ある日250記事できて、その後更新されないというGoogle先生が怪しむようなサイトにはならないわけです。記事のテーマは、広告のテーマは同じにする、と。

この状態で、1年くらい放置して、たまにアクセス解析なんか見てるだけ。
1000PVくらいあれば1つくらいは売れるでしょうから、そのあたりを目標に頑張ってみる。がんばるといっても、何もしないわけですが(笑)。

どうでしょう。完全に不労所得でしょう。
問題は、記事をひたすら書くだけで1年後に本当にアクセスが増えているのかというところですが。こればかりは私もわかりません。

というわけで、現在、実験中です。
もし、この方法で、アクセスが伸びてぼちぼち報酬があがるようなら、これに味をしめてバシバシ投資していこうと思っています。

というわけで、不労所得を目指す人はやってみてはいかがでしょうか。

【注意点】
・必ず独自ドメインでやること
・WordPrssあるいはMobileTypeでやることがのぞましい
・最初の1年はアクセスが10~30から一切動きませんが、動揺しないこと
・オートメーション化のためにカテゴリー等については予め完璧に考えておくこと
・あるいはカテゴリーはいっそのことなしにしてしまうこと
・うっかりどこかのアホがWordPressのテーマ更新ボタンを押して、設定したものが全部パーにならないためにバックアップをとっておくこと
・ライターマッチングサイトがひとつでは集まりにくいので、片っぱしから登録し、同じ条件で募集を出すこと

2年目から月2万円くらい儲かるんじゃないかなと思ってます(勝手に)。
もし儲かったら追加で20万,30万入れて、一気に不労所得コースへ!!

◆やってみたい人は、、、

ちなみに、もしやりたい人は、ある条件を呑んでくれたら、infotopID(あるいは生成されたjavascript文)だけ教えてくれたら、私が全部設定して、ライター集めもやってもいいですよ。ドメインも設定して、ドメインの年間の支払いも月々のサーバー代も私が負担します。欲しい記事の分だけ振り込んでくれたらその金額でやります。でも、2000円ずつとか少額でやられてもだるいので、最低月額5000円~くらいでお願いします。3か月分3万円とかでもOKです。あとやってくれとか言いながら、振り込まれないと困るので、希望者は、はじめるときに1万円初期費用として頂きます。これは、私にとっては担保のお金、参加者にとっては、サーバー代とドメイン代とでも思えばいいでしょう。
何もわからない人は個人情報教えてくれるならinfotopIDまで作りますが、それはあまりお薦めしませんので、infotopIDくらいは自分で作ってください。本当にわからなかったらメールでやり方教えますのでその通りやってください。
ライター集めは、なるべく0.3円/文字でやりますが、集まりが悪いときは0.4/円でやります。それ以上の単価でやりません。スピードアップして、1年で結果を出したい人は、その旨伝えてくれれば、単価あげて一気に作ることもできます。その場合は、1円/文字ぐらいまであげる必要があるので、結構費用がかさみます。もちろん、儲からなかったとしても、私は1円も保証しません。参加者はinfotopから収益を得るのみで、私が参加者にお金を振り込むことはありません。ちなみに、儲けすぎたときの納税はしっかりやってください。infotopは税務署に情報開示してますので、すぐバレます。儲けすぎたときは、私が契約している凄腕の税理士を紹介します。多分15万でやってくれます。

BlogのIDとパスワードは教えます。アクセス解析もいれますので、ダッシュボードからアクセスも見られます。StatPressでやる予定ですが、アナリティスティックがいいという人は言ってくれれば、設定します。儲け具合は、自分のinfotopIDでまめに見てください(したがって、私は参加者の利益具合を知りません)。アクセスがあるのにCV率が異様に低かったりしたら、アドセンス広告に切り替えてもOKです。

希望者はお問い合わせフォームよりメールしてください。

追記:実際にやってみました

上記の案、実はやってみました。アクセスが伸びるところまではいきましたが、まったく売れません……。
理由はいくつかあると思います。
まず、情報商材をBlogでいきなり売るのがそもそも難しいこと。さらにランダム表示のバリエーションが少ないこと。せっかく表示されているのをクリックしてどんな商品か見てみようとしたらリンク切れとか商品の販売が終了してるとかそんなのはしょっちゅうです。
ちなみに上記のやり方でのアクセスの伸びは半年で50/uu,PV100くらいでした。リンクやどこかで紹介する等の他からのトラフィック獲得は一切なしです。
この実験で、10万円をまたゴミにしてしまいました……。
まあ何でもやってみないとわからないね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes