ダイレクト出版のビジネス書を薦めるたった一つの理由

このBlogは、ダイレクト出版の翻訳された洋書を薦めるというコンセプトのもと、書いているわけですが、ダイレクト出版の高額な本を薦めるには理由があります。

それは、日本には、スモールビジネス向けのビジネス書がほとんど存在しないからです。

あるとしても、情報商材や、副業、FXなどの胡散臭いものばかりです。
胡散臭いのは別に構わないとしても、情報商材や副業は書籍はほとんど成功者の宣伝として使われており、大雑把なやり方はわかるにしても、具体的なノウハウは、織り込みチラシに入っているメルマガに登録した後の高額の情報商材で!――というのがお決まりのパターンです。

副業モノは土地転がしモノが多く、資産のない人には難しいですし、FXに至ってはもはやビジネスといえるのかもわかりません。

あなたがもし、30万くらい預金をしていて、どれ何か事業でも興してみようかと思っても、書籍の本は何ら役に立ちません。
情報商材を買おうにも、30万しかないのでは、DVDセット1本買ったら預金がカラになってしまいます。
あなたがアフィリエイトやコンテンツビジネスをはじめるのであれば、30万円をDVDセットにつぎ込んだり、怪しい塾に通うのも悪くないと思いますが、そうでなければ、塾すらもありません。

そこで、ダイレクト出版の書籍が登場するわけです。
アメリカという土壌がそれを生みだすのか、ダイレクト出版が血眼になって小さな起業家向けの本を探しているのかはわかりませんが、ダイレクト出版の本は、すべてスモールビジネスに適用できるもので、そのすべてが高品質といえます。

これは長年、啓発書、ビジネス書を読んできた私が言うのですから、間違いありません。

あなたが本を読む習慣があまりなく、日本で販売している自己啓発書籍、ビジネス書で満足しているというのであれば、しばらくはそれで楽しんでくれて構わないのですが、新刊が出るたびに購入し、また同じようなことを書いているだけだなと思うのでしたら、書店に足を運ぶのをやめ、買う本をダイレクト出版に変更すべきです。

最後に、大雑把ではありますが、私が読んでよかったもの(どれもよかったのですが)で、特に役に立つんじゃないかなと思うものをいくつか、簡単なレビューと共にここに挙げておきます。

【PPC広告関連】
『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』
『世界一読まれているグーグルアドワーズの本』
両方共、ペリー・マーシャルの本。これは、おもしろいとか役立つという以前に全員が必ず買うべき本。
これからネットビジネスをはじめる上でPPC広告は必ず通らなければいけない道です。
また、残念なことにPPC広告は外注に不向きな作業です。なぜなら、多くのPPC広告代行業者は広告費の何%という請求をしてくるので、アホみたいに広告費を使われるのが目に見えています。また、PPC広告は少額予算でできるのがウリであるにもかかわらず、代行業者を頼んで高い料金を払っていたのではPPC広告を打つ意味がありません。またこの分野は腕があれば、広告費用が減っていくものですので、あなたの技術があがならない限り、広告費はタレ流し状態です。これらの本を座右において、PPC広告を打つときは何度も何度もふせんでいっぱいになるまで読みこむべきでしょう。
特に、『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』に載っているスプリットテストの手法は感動さえ覚えます。あなたがPPC広告をやる気がないのであれば、『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』だけを購入してもいいでしょう。

【もう既にビジネスをsはじめている人向け】
『小さな会社が一瞬で顧客とキャッシュをつかむ5つの成功戦略』
あなたが既に何らかの事業をはじめているのでしたら、この本は必ず買うべきです。私がダイレクト出版の書籍の中で一番好きな本です。
この本を読むだけで、あなたのビジネスが生み出す利益は2倍なるかもしれません。ビジネスや啓発というジャンルでご法度の「読むだけで」と敢えて言ったのには理由があります。ここに書いてあるのは、もう既にいる顧客に再び商品を買ってもらう方法、競合店に手伝ってもらう方法など、知っているだけで、利益を生み出す方法が山ほど書いてあるからです。
いきなりジョイントベンチャーを薦めてきたり少しとっつきにくいかもしれませんが、困ったときに開けば必ずあなたにアイデアをくれる本です。
何度だって読みましょう。読むたびに新しいアイデアをあなたに提供してくれるはずです。

【本物の成功本を読みたい人】
『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
日本の成功本はどこかウソくさく、だからといって外国のナポレオンヒルの本を読むともっとウソくさい。バカのひとつ覚えのように、夢を紙に書け……新しい本がでるたびに、「ああ、またこれか」と思っている人にはぜひ読んで頂きたい本物の「ヤクザな」成功本です。
事業パートナーは(親友であっても)いつか消えていくこと、起業家にとって仕事は生活であって、金持ちになることは呪われた道を歩き続けること。私が少しお金を稼ぎだした頃に、体験したことがそのまま書いてあります。既に成功された方は、「そうなんだよねえ」と思われることでしょうし、これから成功しようとされる方は、これからそのときがくるときに「ああ、ダンケネディの言うとおりだな」と思うことでしょう。
今はまだピンとこないかもしれませんが、きっといつかわかるときがきますし、これを読んでひどく不快な気持になる人に起業は向かないでしょう。
この本は、あなたに「それでも、あなたは億万長者になりたいのですか?」と語りかけてきます。きっと答えは、あなたも私と同じだと信じています――「もちろん!」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes