ネガティブな記事を書いてはいけない理由/アメブロを悪用してアクセスアップをする方法

アメーバの悪口ばかり書いている気がしますが、この際だからはっきり言ってしまうと、私はアメーバが嫌いです。色々ふざけていると思います。

とはいえ、利用しているのに、あんまり悪口を書くのは大人げないし、disる記事を書いても何も有益ではありませんので、今回はアメーバを「悪用」する方法を教えます。

ちなみに、ネガティブな記事って結構受けるんですよ。
「アメーバがクソな1055の理由」とかで記事を書くと絶対うける。
このタイトルが既にインパクトありますけどね、1000個もあるのかよみたいな(笑)。

ところが、ネガティブな記事は、まったく成約につながらないんです。
以前にも書きましたが、それはHow toの記事ではないわけです。
私の知人が以前に、「私のこの写真、乳首透けてるんだけど!?」って件名でブログ書くとアクセスが2倍になるよっていうしょうもないテクニックを教えてくれたのですが、こういうのは、はっきり言って意味がないわけです。

実際に、乳首が透けているならともかく、違ったら、「くだらない」と帰るだけです。
ネガティブな記事もこれと同じです。たしかに、即帰るか読むかという違いはあっても成約に結び付かない時点では同じです。

ですから、あなたが職業的に、つまりプロ意識をもって記事を書くのであれば、あらゆるものを褒めて褒めて褒めまくりましょう。

私の知り合いで広告代理店で働いている人がいますが、広告代理店というのは、悪口をいうことがそもそもいけないそうなんです。というのも、いつどこの企業がクライアント(お客さん)になるかわからないからというんですね。

さて、話は逸れましたが、アメーバを悪用するには、「足ペタ機能」をうまく使う必要があります。

これを手動でやってもいいのですが、そんなのは、はっきり言って面倒くさいし、私は知的生産だとは思えませんので、手っとり早く解決する方法を教えます。

ツールを使うんです。
私はアメーバで書いてるブログは全部ツールを使っています。
これで自動で、足ペタをつけまくるんです。そうすると、そのうち何人かが、いわゆる「あしあと返し」をしてくれて、集客ができるというわけです。

パソコン一台を、アメブロの足跡用にして、24時間、ツールを起動し、アメーバを徘徊させておくわけです。
これで気持ち程度に、アクセスを増やすことができます。
理論的には1日500アクセス集まりますが、実際はその1/5も効果はないでしょう。
しかし、1日100でも価値があるのはたしかですし、アメブロは専らこの使い方に限ります。

言うまでもなく、このツールは非常に高価なものですけどね。 これです。
間違いなく価格分はペイできますが、無目的に、ツールでアクセスを増やしても、やはりコンテンツがクソでは意味がないので、最初にツールを買っても、それは無駄金になります。

そうすると、このツールは価格が高いのに使えなかったという印象をもってしまって、せっかくいい記事を書いて、有料でノウハウを売れるあと一歩のところまできて、今こそツールを使ったほうがいいというときに、ツールを買わないんです。もう買って失敗してるから。

こうならないために、初心者はツールをいきなり買うことはお薦めしません。

他にもアメーバは記事の吸い出しができません。
そこで、削除対策に記事を保存しておくことができません。
まさに、「お前の記事は、俺の記事!」とジャイアンもびっくりのアメーバブログです。

ところが、これもツールを使うとバックアップとれるんですね。
ただ、これは面倒くさい。
非常に面倒くさい。

アメーバの記事吸い出しツールはたくさんあって、無料のものもあります。
ただ、私は面倒くさがりなので、ワンボタンで全部できるという有料の結構なお値段のものを使っています。

ただ、そのワンボタンも面倒くさい。第一、時間かかるんですね。

そこで、結論としては、削除されても気にしない。
削除されたら、すぐ同じブログを作って、ツールガンガンかける。
これが一番いいです(笑)・

#アメブロを削除された回数がアフィリエイターの勲章だ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes