ハウツーコンテンツだから意味がある

あなたが何を売るにせよ、まずやることはブログを書くことです。
ブログといっても日記を書いてはいけません。
必ずハウツーの記事を書いてください。
ビジネスにおける価値はおもしろいことではありません。ためになるということです。
参照されないと意味がないのです。

たしかに、おもしろいブログは色んな人が見に来てくれるかもしれません。
しかし、そういう人は買う人ではありません。
お金がなくて、家にずっといる貧乏人が時間つぶしに見ているだけです。
あなたがやることは貧乏人が時間を潰すコンテンツを作ることではなく、困っている人が課題を解決するために役に立つコンテンツです。お金は困っている人しか払いません。人間は必要なものと欲しいものしか買わないのです。
やることもないし、このおもしろいブログにお金でも払うかという人はほとんどいないのです。

役に立つ情報を書くことは、おもしろいことを書くよりも簡単です。
あなたが課題としていることを調べてもいいのですから、淡々とあなたの知識をアウトプットし、知らないことは調べればいいのです。

ただ、私の経験上、調べて書く記事はいいものにはなりません。
読者は敏感に、これは調べて書いたなということを察します。
もちろん体系だってそれがまとまっているならいいのですが、いきあたりばったりに調べて書いたようなブログでは何の価値もありません。

そこで、何を書くかというと、体験です。
自分はこんなことをした。その結果、こうだったと書けばいいのです。
単純に、このサービスに申し込んだけれど大した効果は得られなかったというものでもいいのです。
そうすることで、読んだ人は、そのサービスに申し込まなくても結果がわかるのですから、非常に価値ある情報となります。

さらに、いいのは成功体験で、脚色なく成功体験を淡々と書くだけで非常に参考になります。
とはいえ、これからはじめる人は成功体験なんかありませんから、自分を犠牲にして色々な体験をしてみるというのがいいでしょう。

もちろんあなたが本業の、例えば勤めている会社で特殊な知識があるのであれば、それを書くのがいいに決まっています。あなたが無職なら、特殊な体験ができそうな仕事に就職しましょう。
あえて自分を犠牲にすることが大事です。

端的に言えば、ビジネス系、マーケティングノウハウについて ブログを書きたいのであれば、フリーエージェントスタイルとかダイレクト出版に就職してしまえばいいのです。この場合、目的はネタ探しなのですからアルバイトでも何でもいいのです。そう無理な話でもないでしょう。

働くのは、お金ももらえて知識ももらえます。こんなにいいことはありません。よくわからないことは、そこに就職して詳しくなってしまえばいいのです。

例えば、元サイバーエージェント社員というだけで、あなたのアメブロに関する記事の信頼性は一気にあがります。
無理に仕事を変える必要はありませんが、できるなら、さっさと意味のない仕事はやめて、(あなたにとって)役立つ仕事に切り替えるべきでしょう。

#会社は常にスパイとして潜り込むこと

◆参考書籍
「プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法」
http://123direct.info/tracking/af/745770/JhioVQjv/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes