ビジネスアイデアがほしい人、必見! ホリエモンのメルマガ書籍化。

適当に立ち寄った本でなんとなく買ったホリエモンの本がよかったので紹介。
ビジネスモデルがたくさん載ってて超お買得です。

しかも、元々は月額840円のメルマガなのですから、これが1200円で買えるのはだいぶお得ですね。
もちろん情報のスピードというのがありますから、別にメルマガ読者も不満なわけではないでしょう。

結構、読んでて、それはいいなあと思うものがあったりするので、丸パクリかちょっと応用したらいいかもしれません。

個人的にいいと思った案。

1.公文式プログラム学習アプリ

公文式の学習法(同じことを何度もひたすらやる)をプログラミングの学習に応用するわけです。
で、アプリでだすと。
これはもうそのまんま丸パクリでいいんじゃないでしょうか。

2.ヒットしているスマホアプリをハードとして商品化するだけで売れる(70頁)

これは実は私も考えていた。そうなんだよ、そうそう!と思わず。

オムロンヘルスケアの「ねむり時間計」という商品が結構な売れ行きらしい。〜中略〜 まったく同じと言っていい機能を持ったスマホアプリが世の中にはいくつもリリースされているのである。スマホを持っていれば50分の1ほどの価格で済むモノをわざわざ専用ハードに搭載して売っても「売れる」のである。
そう考えると、情報弱者向けにスマホ用アプリでヒットしている物を専用ハード化して売るモデルって意外とイケるかも!と思うのだ。

私は商品化まで持っていく技術がないので、できませんでしたが、やり方は単純ですよね。
売れてるアプリチェックして、専用ハード化できるものをしていけばいいだけですから。

3.類似したメロディの曲を探し出し著作権侵害訴訟を代行

似ているメロディラインを探し、著作権者にかわり訴訟をおこすという少しヤクザなビジネス。
これはなるほどなあと思いましたが、まああまり褒められたやり方ではありませんね。
ただ、いいとは思いました。


いくつもあるビジネスモデルから私がいいと思ったのはこの3つです。
他にもありますが、少額資本で、リスクもなく、またあまりスキルや人脈を必要としないのがこのあたりかなと思いました。
みなさんはどれがよさそうと思いますか?
この中でどれがいけそうか選ぶだけでその人のセンスって結構出る気がします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes