ビジネスモデルを完全に理解する重要性

起業してそこそこうまくいくパターンのひとつとして、ビジネスモデルを完全に理解してるっていうのがあると思うんですよね。

例えば、宅急便の会社でずっと働いてて、宅急便のビジネスをはじめるとか。
こういう例を出すと、すぐコネがどうのという人がいるのですが、コネというよりビジネスモデルの完全な理解が成功の要因だと思うわけです。

したがって、新たに何かはじめるとき、業界研究というのは欠かせないのですが、この業界研究がはっきり言って難しい。
仮にお金が山のようにあっても、せいぜい消費者として利用してみたり、業界紙を買うとかその程度しかできない。それこそ情報商材にでもなっていればいいのですが、そういうものが情報商材になっていることはあまりありません。※それこそ情報商材の名前に値すると思うのですが……。

ビジネスモデルを解説するタイプのサービスもないこともないのですが、「いやそんな壮大なのやらないってば」みたいのが多くて、小銭稼ぎには向かない。

例えば、最近だとJKリフレが一斉摘発されました。
JKリフレというのは秋葉原を中心に流行ったビジネスモデルですが、要するに女子高生がお客さんにマッサージするマッサージ店のモデルです。
ですが、お客さんの目的はもっぱら女子高生の体を触るor触られることにあるので、どちらかというと風俗に近いです。援助交際の申し出もしょっちゅうあります。許容しているかは店次第でしょう。きちんとした(?)店もあります。
※ちなみに摘発の理由は風営法ではなく労働基準法で、いわゆる違法マッサージとは全く別物です。

ここまでわかれば、解説する必要もないのですが、実はこの業界ものすごく特殊で、普通のマッサージ店と同じ感覚でやるとまず失敗します。
実はこの業界は集客の仕方から、店舗選び、求人など完全にワンパターンなのです!

例えば、求人は、普通は求人コスト1万円くらいかかりますし、風俗系となるともっと高くつきます。
ところが、この業界は実は求人コストが異様なほど安い。
また、普通飲食店では、お店に張り紙を出したりしますが、そんなことは絶対にしません(違法だからしないわけじゃないよ)。
張り紙出しても集まらないからって、フロムエーなんかで出したら大きくコケるわけです。高いですからね。
おまけにだしたところで、絶対集まらない。怪しすぎます。笑
でもあるところに、あるキーワードで出せば、すぐに集まってしまうわけです。こればかりは知らないとどうしようもできない。

次に、集客方法です。
これも基本はチラシです。チラシ一本槍です。チラシ×アメブロ。この業界は全店舗同じやり方です。
PPC広告なんて誰も打ちません。※うちはやっていますが、月に5000円の予算で、客単価15000円なので余裕でペイできます。
なぜチラシなのか。これは簡単で、完全歩合が普通の業界なので、チラシはタダで配らせることができるわけです。
アルバイトはまず出勤したら、チラシを掴んで、秋葉原の街でひたすら配布します。
お客さんを捕まえたら、50%~60%の高いバックがつきます。
60分10000円だとしたら、2人捕まえれば他のバイトよりは儲かります。運がよければオプションなんかもついて一気にハネます。
特に女子高生は、高時給のバイトがありませんから、これはオイシイわけです。

まあJKリフレ業界の話はまたの機会に譲るとして、ここまでわかっていて、はじめて稼げるわけです。
ちなみに摘発の情報も事前にきちんとまわってきますので、よほどあからさまにやらなければ、まずセーフです。
これもある程度、情報網を持っていないと、自分だけ何も知らず、あっさりお縄ということになります。
そもそも、行政としては高校生を使うなという方向ですから、18歳未満は雇わないにこしたことはありませんが。

※この業界への参入に興味がある人はメールしてくれれば教えてあげます。情報の度合いにもよりますが、本気でやるつもりなら、有料で全部教えます。

で、こういうのは教科書的な学習では不可能で、生の知識、業界の慣習みたいのをしらないといけないわけです。
これをいかにして、手に入れるかっていうのが一番大事だとおもうんですよねー。
手に入れる方法は、わかりません。
今のところ、全部飛び込んでみるという粗いやり方でやっていますが、さすがにこれでは行き詰るので、なんとかここを強化したいと思うわけです。

いま興味あるのは婚活事業。出会いパーティーみたいなの。
この業界はアフィリエイトメインなんですが、ちょっと別の集客を考えていて、目下研究中。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes