プレスリリースがあるからコンテンツが充実する法則

ネットビジネスでプレスリリースを推進する人はあまりいないと思いますが、私としては非常にお薦めです。

まず簡単にプレスリリースのメリットを3点。

1.強いバックリンクがもらえる

2.低コストで集客ができる

3.コンテンツを見直すきっかけになる

今回、注目するのは、【3.コンテンツを見直すきっかけになる】の部分です。

プレスリリースを打つとき、配信サイトに登録して月額1万円とか支払ってプレスを打つわけです。
私のお薦めはリリースプレス。単純に安い。月額3000円で打ち放題。
初心者であれば、月額が安く、打ち放題のところを選びましょう。理由は簡単。これからあなたはプレスを打ちまくるからです。

多くの人が誤解しているのでうが、プレスリリースは事業オープン時に一度送って終わりにしてしまっています。
これではダメです。プレスは毎月打つものです。

そうすると、毎月ネタがないということになります。
特にオープンの告知以外何を告知したらいいのかわからない!ということになると思います。

そこで、プレスに書くネタ定番の5つのものを載せておきます。

1.事業オープンの告知
ex.新しい宇宙食専門の宇宙カフェ、3月12日オープン!

2.ジョイント情報(業務提携)
ex.宇宙カフェで大人気の宇宙カレーがドトールの新メニューとして登場!

3.新商品の発表
ex.宇宙カフェが4月15日、宇宙ラーメンを発表。味は、とんこつと味噌の2種類!

4.新サービスの発表
ex.宇宙カフェが出前をはじめました。7分7秒以内にお届けできなかったら店員を丸坊主にします!

5.業績の発表
ex.宇宙ラーメンが日本飲食大賞に選ばれました!

以下、参考になる記事を載せておきます。

今年度のコンテンツマーケティングの計画を確認し、プレスリリースの発表スケジュールを立てよう。毎月1件のプレスリリースを1年間書き続けることをお勧めです。それで様子を見よう。1年間12件分の報道価値のある情報を思いつかない? ならば先ほどお話したように、ネタを生み出す用意が必要となるだろう。万事正しい方向に向かっていれば、1年間で30件以上の価値あるプレスリリースネタを考え出すのも容易なはずだ。あとは最適な題材を絞り込んでいくだけでいい。(『お金をキャッシュを引き寄せる!コンテンツ集客法』・ジョンウィベン・213頁)

実際に、年に12本はキツい。相当キツ。ですが、月額3000円、プレス打ち放題のサービスに敢えて申し込み、「打たなければ損だ!」と自分を追い詰め、考えて考えて、考えまくる!これこそが真の知的生産であって、経営者の仕事だ。そもそも、こういう理由でもなければ、ただでさえアクセスの少ないサイトのコンテンツを充実させようなんて思わなくなる。どうせ、何をやっても大して変わらないよとサイトをほったらかしにして、サイトにはどんどんカビが生えていき、お客さんは日に日に減っていく。そうならないためにプレスを打つのだ。プレスを打つためにコンテンツを考える。そうしてできたマーケティングを意識したコンテンツはきっとおもしろいものになり、あなたのサイトは魅力的になるだろう。

半分くらいは、自分へ言い聞かせながら。
――真夏みのり

本日の参考書籍

『お金をキャッシュを引き寄せる!コンテンツ集客法』・ジョンウィベン
コンテンツというテーマの書籍ですが、プレスリリースに1チャプター割いています。
それだけコンテンツとプレスというのは密接不可分ということでもあります。
そもそも、ネットビジネスをするうえでコンテンツというのは、大事に決まっていて、広告なのかコンテンツなのか、つまり外見なのか中身なのかという点で議論されがちですが、両者は、商品という総合体として当然に密接不可分なのであって、どちらが大事なのかという議論をするまでもなく、どちらも大事なのである。
見た目が可愛いけれど、性格の悪い女の子。見た目は可愛くないけれど、性格はいい女の子。どっちがいい?――どっちもよくないに決まっている。市場(男性)が求めている女性は、いつだって、可愛くって、性格のいい女の子だ。あなたのビジネスも同じことである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes