プレスリリースの薦め/プレスリリース先一覧

あなたがやっているものがサービス業であれば、プレスリリースを打たない手はありません。
何せ無料でアクセスのわんさかあるところに紹介してもらえて、おまけに強烈なバックリンクまで貰えるのですから、やらない手はありません。

これを覚えてしまうと、広告なんてバカらしくてとても打てません。
プレス最強です。

プレスリリースを打って、一社でも取り上げてもらえたら、その情報が飛び火します。
まず、世の中に五万とあるまとめサイトが拾ってくれます。
まとめサイトを受けて他のサイトがひろってくれます。

例えば、私がやっている萌えデートというサービスでは、まず最初にロケットニュースというところが取り上げてくださり、それが山ほどあるまとめサイトにどんどん転載され、msnニュースがそれを取り上げ、それがmixiニュースに載ることになります(その後、テレビ取材の依頼がきました)。

ここまできれいに波及することは珍しいですが、1社取り上げて、ちょっと変わったサービスであれば、ここまで大きく波及するのです。

アクセスは、たった1日で65000件です。その前日までは1日平均300アクセス程度。それも広告バンバン打ってこのアクセスです。広告を打つ前は1日3~5アクセスです。

そして、ここが大きな誤解のあるところですが、プレスリリースは開店を知らせるものだと思っていませんか?

新しいお店ができました。みなさん紹介してください。

これをプレスリリースだと思っている人がいます。
実は違うのです。

正しくは、こうです。

新しい○○ができました。みなさん紹介してください。

つまり、○○には何を入れてもいいのです。

新しいキャンペーンができました。
新しいサービスが追加されました。
新しいメニューが追加されました。
新しい従業員が入ってきました。

私が言いたいことはこうです。プレスは何度でも打てるのです。お客さんの入りが減ってきたと思ったら、新しいキャンペーンを作って、プレスを打って打って打ちまくるのです。

打ちまくるといっても、それほど難しいことではありません。
前回送ったプレス先のメールアドレスに一斉送信するだけです。
何もプレス先を変える必要はありません。

ポチっと押せばいいのです。

反応がなかったら、また新しいプレスを打てばいいんです。全部タダです。
これをやりまくらない手はありません。

どうですか、プレスリリース。
ちょっとやってみたくなったでしょう。

何プレスをどこに打てばいいかわからない?

仕方ないなあ。ちょこっとだけ教えてあげましょう。

でーん!!!

■japan.internet.com
http://japan.internet.com/

■ITメディア
http://www.itmedia.co.jp/

■アットマーク・アイティ
http://www.atmarkit.co.jp/

■ZDNET JAPAN
http://japan.zdnet.com/

■CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/

■ニュースリリースジャパン
http://www.newsrelease.jp/

■comserch
http://www.comsearch.jp/

■ベンチャーナウ
http://www.venturenow.jp/

■ValuePress
http://www.value-press.com/

■FIDELI

■プレスエクスプレス
http://pressexpress.jp/

■ダイレクトプレス
http://www.directpress.jp/

■PRESS PARTNERZ
http://press-partnerz.com/

■世界日報プレスリリース
http://senichi-ad.worldtimes.co.jp/release/

■impress R&D
http://www.impressrd.jp/

■マイコミジャーナル
http://sougouannai.net/info/news/mgst_mycom.html

■クラウドウォッチ
http://cloud.watch.impress.co.jp/

■AEROPRESS
http://aeropres.net/

■ハーモニープレス
http://news.harmony.ne.jp/

■レグリス
http://www.regrese.jp/

はっきり言ってこれじゃあ、全然甘いですよ。
もう100社自分の手で探してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes