プログラミングができる人はよく起業に誘われる――のを利用してビジネスモデルをゲット!

Twitterをしていたら、こんなRTが流れてきました。

『一緒に起業しよう。』 = 『君の能力を無償 or 超安価で使わせておくれよ。万が一成功したら、少し分け前あげるから。何%はその時の気分次第やけど。失敗する確率は高いけど、その場合は働いた分の報酬は無しな。』 プログラミング出来る人は、よく声がかかるから、覚えておくと良い。

これはまったくの事実です。
現に私はwebデザインもできるPGとして起業家としてマッチングサイトに登録したら、溢れるほどのくだらないお誘いを頂きました。

では、PGはこのような搾取にあわないために何をしたらよいのか。こういうところで頭をひねれないPGはダメなのです。
そもそもなぜPGでもない私がPGとしてマッチングサイトに登録したのか考えてみましょう。

答えはきわめて簡単。
WebデザインもできるハイスキルPGで、しかしビジネスモデルだけ思い浮かばない、起業の夢だけはある。
このようなカモがネギを背負った状態を演出することで、何のメリットがあるのか。

そうすると、わんさかビジネスモデルがもちこまれますね。
「こんなことをやりませんか?こんなビジネスモデルがあるんです。あなたの力が必要です。利益は折半にしましょう。私は何もしませんが――」
こんな魅力的な提案が山のように持ち込まれるわけです。

それをひとつひとつじっくり読んで、いいと思ったものは、すぐさま、自分のビジネスモデルとして、安く使えるPGを探してくればいいわけです。こうして、私は労せず利益を得るわけです。これが資本家の頭の使い方ですね。資本家はときに労働者のフリをしてビジネスモデルさえも他人に考えさせるというわけだ。

丸パクりに抵抗があるなら、少しだけ変えればいい。
だいたい持ち込まれるアイデアは欠陥だらけのものだし、あなたが丸パクりをするつもりでも改良せざるを得ないことがほとんどですから。

バカみたいに搾取されていると文句ばかり垂れ流すのではなく、常に叛逆の精神を忘れることなく、自分の利益を考える。
華麗なる一族の万俵頭取日く「小が大を食う合併もあるのではないか」――。
この発想を忘れたものから搾取されていくのです。

常に、資本家の精神でいること。これが大事なのです。

p.s.
ちなみにろくなアイデアが持ち込まれないので、参考までにちょっとやってみる程度で過度な期待禁物です。
また、あなたにそこそこの知識がないと、「こりゃあいい」としょうもないビジネスモデルに飛びついて、大損することになってしまうので、そのあたりは注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes