ホームパーティーを開いて、新規顧客開拓をしよう!~都会に住む最強のメリット

一発であなたの(潜在的)見込み客に信用を与える方法を教えます。
それは、実際に会うことです。

オンラインでコミュニティを築くという考えがきわめて当たり前になっている一方で、オフラインでコミュニティを築く機会がこれまでにないほど豊かになってきている。(『クチコミ・エンジンの作り方』64頁・ジョン・ヤンツ)

オフラインで(つまり実際に)会うと、その人のことを一気に信用するんですね。
それも営業ではなく、普通に会うんです。

じゃあどうしたら会えるかというと、簡単です。楽しそうなパーティーを企画するんです。
場所はどこでもいいですが、自宅だってオフィスだっていいのです。

Blogで、「パーティーします。参加費1000円です!ぜひきてください」

こう書くだけです。

日本人はホームパーティーの習慣はまったくありませんが、外人は結構やるんですね。
私も海外に住んでいたことがありますので、ホームパーティーは何度もしたことがあります。
「今度うちでパーティーするからおいでよ」――こんなのは日常茶飯事なんですね。
ホームパーティーをすると、見込み客を一気に「お友達」まで関係が高まります。
そうすると、簡単に信頼ができて、成約率がどかんとあがるんですね。
別にその人は買わなくても、今度はお友達をパーティーにつれてきてもらえばいいわけです。
売っている商品がわかれば、「これ欲しそうな人誰かいないかな」ってまるでお友達のように、相談してみればいいんです。

あなたが個人事業者、あるいは社長であれば、つまらない会社のルールなんてありません。
「いやー実は全然儲かってないんだよね」なんて言えば、優しい「お友達」が勝手に営業マンになってくれます。本当です。

ホームパーティーをするには条件があります。
ひとつは、「家(オフィス)が都会にあること」、もうひとつは、「家(オフィス)が駅から近いこと」です。
これらの関係は、「または(∨)」の関係です。つまり、どちらかでいい。

理由は、そうしないととても面倒くさくて、人がきてくれないからです。
例えば、埼玉県の本庄にあなたの家があったら、埼玉だけでサービスをしていない限り人はまずやってきません。八王子でも同じです。
都会というのは山手線の内側。青山とか赤坂とかです。新宿や池袋など山手線の駅が最寄りでもOKでしょう。
山手線の外であれば、○○駅徒歩3分以内の立地がのぞましい。そうしないと、行くのも帰るのもかったるい。誰も来ない。

パーティーというのは入りにくいものですから(普通、知らない家のインターホンを押すのは嫌でしょう)、「送迎あります!駅についたら連絡してください!(但し徒歩での送迎ですが)」と書いておけば、みんな安心してパーティーに参加します。
あとは、「永福町着きました!」という電話があなたの携帯に入るのを待つのみです。

パーティーでは、営業も商品説明もまったく不要です。
そういうのはサラリーマンのやることです。
あなたが事業者であれば、パーティーの参加者は見込み客だけでなく、ジョイントする相手になるかもしれませんし、従業員になるかもしれません。それは、話しながら、あなたが決めたらいいのです。おもしろそうな人がいたら、今のビジネスなんか放っておいて、「一緒にやろうよ!」と誘えばいいのです。
これで、ビジネスアイデアにも、顧客開拓にも、求人雇用にも困ることはありません。
ホームパーティーで全部解決です!

ホームパーティーで盛り上がるのは、一度は入ってみたい場所です。
例えば、六本木ヒルズ。一度くらいは住居レジデンスに入ってみたいですよね。
そこで大して儲かってなくても思い切って、六本木ヒルズに入居してしまう。そこで「六本木ヒルズでパーティーをしよう!」と大々的に打つわけです。あなたの部屋の前にも「パーティーします!誰かきてください」と張り紙をしておいたら、横に住んでるならお金持ち社長がきて、あれよあれよと大きなビジネスマンにあなたも仲間入りなんていうこともあるかもしれません。

そういう意味で、絶対都会に住んだ方がいい。

さあ、都会に住んでホームパーティーを開こう!

楽しいマーケティングについては、ヤニク・シルバー『アンダーグラウンド起業術』を読まれるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes