マッチングサイトで集客する方法

割とよく誘われるものに「出会い系サイト作りましょうよ」というのがあります。他にも、結婚相手を見つけるとかそういうマッチングものは全部「出会い系」と呼ぶことにします。

パソコンに詳しくない人は、マッチングサイトは作るだけで、客がガバガバお金使ってボロいと思っているのかもしれませんが、実際、出会い系サイトをやるというのは相当難しい。私も出会い系サイトをやろうと誘われたらまず断わります。だって成功する気がしないんだもの。

出会い系サイトを仮に作ったとします。作るのにかなりお金がかかると思いますが、まあとりあえず作ったとしましょう。
次にやることは会員探しです。女性を無料にしたところで、女性がわんさかくるはずがありませんから、女性を集めて男性を集めないといけない。
このようにマッチングサイトは、ただでさえ難しい人集めを、普通の商売の倍はやらないといけないわけです。
まあ、男女見る場所に広告を打てばいいともいえるので、倍はいいすぎかもしれませんが。

次にどうやって集客するか。
まず、基本は広告です。エロ本とかそういう微妙な本に広告をガンガン出します。実は、非承諾の(本当の意味での)迷惑メールが圧倒的に強いのですが、きちんと法律を守るのなら、広告を打ちまくるしかありません。

大手のハッピーメールなんかティッシュは配るわ、トラックは走りまわるわ、渋谷にでかでかと看板は出すわ、でものすごい広告量です。
これが、ライバルなのです。

ということは、基本的にお金がないと話にならないビジネスです。

少ない資本金で、ちょっと出会い系をやってみよう……これでは、200%失敗します。
おまけにサイトそのものもHPを作るのとは違って、プログラムで作るものです。細かいところが使いにくいと、話になりません。

そういうわけで、何かボロい仕事をはじめてみたいなというときに、マッチングサイトというのは真っ先に消去しましょう。

マッチングサイトでうまくいくとしたら、すでにかなりの人数をかかえているところとジョイントすることですが、まあよほど魅力的な提案をしない限り、ジョイントなんてまず無理です。利益は、1:9で9割持っていっていいですよと言っても、誰もやってくれないくらい厳しいと思います。

まあ、ネットビジネスをはじめようとする素人が割とよく出す意見なので、ちょっと潰しておきました。

そんなことするなら、情報商材のほうが100倍いいです。
同様に、出会い系のアフィリエイトも厳しいと思います。誰も登録しないって!

そのうち、お金が余ったら、特定の出会い系をターゲットに、すっっごいおもしろい(?)サイトでも作って、アフィリエイトに挑戦してみたいですが、厳しい気がしますね。

恋愛とか結婚の攻略サイトで、自分はここで出会えましたみたいな感じで載せるのもアリかもしれませんが、なんとなくそれで登録するとは思えないですね、今のところ。それだけブランド力があるなら、別のことしたほうがいい気もします。それ以前にステマですしね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes