メルマガ広告の相場

メルマガを配信している人に、宣伝を頼むときいくらぐらいが相場なのか、ちょっと悩むところですよね。
まあ別にいくらでもいいのですが、あまり非常識な金額で、法外に高い価格を出してしまうのもバカみたいですし、何よりバカだと思われるのもしゃくです。
そこで、ひとつ相場を出しておきます。

だいたい、読者数×1円です。

例えば、私がまぐまぐでやっている(恋愛の)メルマガは900人くらいたしか読者がいましたので、1通独占配信をするなら1000円ということになります。
5000人の読者がいるメルマガなら5000円ですね。

ヘッダー部分に2~3行の広告を出すなら月額ということになると思いますが、独占配信の価格の倍くらいの価格を月額で支払えばいいんじゃないでしょうか。

ただ、この価格はあくまでも相場です。

いいですか。業者ならともかく、個人のメルマガに頼むときは相手の立場(気持ち)を考える必要があります。

例えば、私が900部の発行しているメルマガがあって、そこに「1000円で広告出させてください」とか言われても、断ります。
どうしてかというと、1000円受け取るのがかったるいからです
私としては他人の広告なんか打ちたくないんですよ。
で、欲しくもない1000円札一枚。受け渡しも銀行口座教えて……となると面倒くさいだけです。
そうすると、「いや、うちはそういうのやってませんから」と断ることになります(実際は、もう少し違った提案をこちらからしますが)。

もう1点留意したいのがリストの質です。
1万人とか読者がいるメルマガって、はっきり言って読んでる人少ないし、無料レポートとか相互紹介バンバンしてたりしてとにかくかき集めてるものが多いんですね。
ですから読者数が多いメルマガで1部=1円は、正直高いと思います。読者が多いところでは、半額くらいまで落としてもいいと思います。
実際、私が1万部のメルマガで、独占配信5000円×1回だったら断るかもしれませんが、例えば、4回配信するから2万でお願いしますというなら、配信します。

逆に、部数が少ないところは、単純に自分のBlogに貼って集まった人だけが読者という超良質のパターンもありますから、100部で1000円だしてもいいのです。
特に500部~1000部あたりがリストの質としては抜群のメルマガだと思います。
あとは、実際にその人のメルマガをのぞいてみて、きちんと書いているようならリストの質はいい(読者が読んでいる)と考えていいでしょう。

つまり、1円=1部をベースに、発行部数やメルマガの内容を勘案して、価格を考えていく。これがベストだと思います。

くれぐれも価格決定権を相手にゆだねないこと。たまに私のメルマガにも「おいくらぐらいならいいでしょうか?」という人がいます。こんなことをしていたらぼったくりにあうだけです。価格決定権は死んでも離さない。これはビジネスの鉄則です。
第一、「いくらならいいですか?」と言われても、相手も困ってしまいます。

<2014年 12月追記>
メルマガのおすすめは、アスメルです。
これは私も実際使ってます。
月額5400円(2014年12月現在)でメルマガ作成し放題、ステップメールのシナリオ作り放題。送信メアド、送信者名など全部個別で作れます。神レベルのシステムです。
これに出会う前は50万くらいで配信システム組もうと思ってたぐらいですが、これで全部解決しました。超おすすめ。いくつか配信スタンド(有料の)使ったことありますが、絶対ココが一番いいです。もっとも月に数万入れるのであればもっといいのあるかもしれませんが、1万円切る配信スタンドであれば、ここよりいいところはないと思います。

◆3つの関連書籍
コンテンツ集客法
世界一ずる賢い価格戦略
オンライン・コピーライターズ・ハンドブック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes