リスクをとる人たち~SEO、PPCを使わずに1ヶ月に3,000万アクセスを集める7つの方法~

ダイレクト出版にはたくさんの外人動画があって、暇なときに3000円くらいならいいかという感じでポチポチクリックして、結局私は全部観ているのですが、その中でも衝撃を受けたのが、これです(別にお薦めはしてませんよ)。

SEO、PPCを使わずに1ヶ月に3,000万アクセスを集める7つの方法

7つの方法とか書いてありますが、実質1つしか話していません。
というか、その中の1つがインパクトがありすぎて、他のを全部忘れてしまいました。

ばらしていいのか、よくわかりませんが、SEO、PPCを使わずに1ヶ月に3,000万アクセスを集めるというのは、なんとバナー広告です。

日本にもあるのかよくわかりませんが、アメリカでは広告の信用取引というのがあるみたいで、広告を先に打って、広告代金は利益が出てから支払うというわけです。
つまり、大量のバナーを広告を後払いにして打ちまくる → 1ヶ月で3000万アクセス → 仮に成約率が0.1%として、3万個の商品の売り上げ → ひとつの商品から生まれる利益が仮に2000円とする → 6000万の儲け → 広告費の支払いがくる、仮に4000万だとしたらそれをひいて、2000万の儲け……というわけです。

これって何かに似てません?

そう、与沢翼の秒速で1億円稼ぐ条件で紹介されているやり方と発想が基本的に同じなのです!

この動画をみたとき、「ふーん。アメリカってのはすごいなあ」と呑気に思っていたのですが、ちょっと応用すれば日本でもできたのです。
それをやったのが与沢さんです。※与沢さんがこの動画をみて思いついたわけではないでしょうけれど。

私はこの動画を与沢さんの本よりも早くみて、知っていたので、与沢さんの本を見たとき、「しまった、日本でこれをやる人がいたか!」、「リスクをとれなかったばかりに、しょせんアメリカのことだと思っていたばかりに、先を越された!!」と思ったものです。

秒速で1億円稼ぐ条件を私はパスタをずるずる食べながら、読んでいたのですが、この部分にさしかかったときに思わず、「あっ!その手があったか!」と思わず口からパスタを吐き出してしまいました(汚くてすいません)。

じゃあ、そのやり方を知っていたら、やっていたのか、日本でも広告の信用取引があったらやってたのかといえば、まあまずやってないでしょうね。
これ失敗したら首吊りものですよ。

与沢さんといい、この動画の夫婦といい、よくもまあ、これだけリスクを取れるものだなあと器の違いをただ感じるのみです。

p.s.
ところで、amazonで与沢の本のレビューが案外評価が低いことに驚きました。
内容がいいのに……というわけではなく、ステマが得意な与沢さんのことだから、amazonは星5つが1000個と星1つが100個とかそんな分布かと思ったらそうではないのね。
amazonはもう捨ててるのかな。

結果的に、いま話題の与沢さんの話になってしまった気がしますが、SEO、PPCを使わずに1ヶ月に3,000万アクセスを集める7つの方法は使える使えないはともかく、というか役には立たない動画ですが、成功するとはどういう覚悟が必要なのかよく考えさせてくれる動画です。なので、お薦めはしませんが、ぜひ観てほしい動画ではありますね。

大事なことは、リスクをとることではなくて、リスクをとりさえすれば200%うまくいくっていうところまで、プランを練っておくことだよね。
そうしたら、案外ビビらずに、1000万くらい軽く借金できるのかもしれないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes