何も売らない。商品はなくてもビジネス(起業)はできる!

「起業したいんだけど、商品とか提供できるサービス」がありませんっていう相談を受けます。
実は、商品なんかなくてもいいんですよ。
大事なのはお客さん。もっというと、見込み客。ネットなら、アクセス数、リスト(メールアドレス)、ですよ。

例えば、商品がない状態で、とりあえずBlog書きますよね。
何でもいいですけど、毎日おもしろおかしい日記でも書いて、1日1万アクセスになったとしましょう(絶対なりませんけど)。

そうしたら、読者の人とコンタクトとれますよね。
メールフォームとかそんな難しいことは考えなくても、コメント欄でもいいわけです。あるいは、TwitterのIDでも載せておけば、誰かフォローして話しかけてくれるかもしれないし、自分のメールアドレスをのっけてもいいわけです。Blogの記事の中にね。これなら、女子高生だってできる。

そこで、お客さんと話してるときに、なんとなくこの人たちにはこんなものが売れそうだなってわかれば、それを紹介するなり提供すればいいわけです。

例えば、ですけど、あなたがグルメ情報を山ほどのってけて超人気Blogを作ったとします。
見てるのは、グルメ情報を知りたがってる人たちです。

そこで、電話でもメールでもいいのですが、「うちはグルメサイトやってて、アクセスは1日1万人。月間で30万くらいです。これが証拠のアクセス解析の画像です。ここに広告枠があるんですが、よかったら出してみませんか?月に10万円でいいですよ」って声をかけるわけです。

これだけで、商品なしで月10万儲かるわけです。

あるいは、広告を使わなくても、美味しい店を紹介して、Blogみんなで美味しいもの食べようツアーを企画して、お店に「50人連れていくから1割バックよこせ!」とか言えばいいんです。

もちろん単純にアフィリエイトしてもいいんだけど、アフィリエイトなんてテーマによっては大して儲からないし、せっかくいい商品を紹介したくても、ASPに登録されてるのは、なんだかよくわからない胡散臭いものばかり……なんていうこともあります。
そういうときは、いっそのこと広告を打たずに広告スペースだけを空けておく。Googleアドセンスなんかつけない。四角で囲って、「ここは広告枠です」って書いておけばいい。一緒に月2万円です。早い者勝ちです。どーぞって書いておけばいいんです。
アクセスがあれば、これでも充分やっていけます。

こんな風にアクセスさえあれば、売るものなんか後でいくらでもでてきますし、何もでてこないなら広告スペースにしたらいいんです。
ということは、商品なんかなくても、とにかくアクセスを集めて、商品なんか後で考えなさいということです。
書いてるうちにお客さんとコミュニケーションとれるようになってきて、だんだんニーズが掴めてきて、そのネタで起業したら絶対成功しますから。

まあ、なかなかアクセス集めは難しいのですが、事業をやる以上、アクセス集めは必ずやらないといけません。
商品がないからはじめられないとか言ってる人は、アクセス集めという課題の前に挫折しています。そういう人が変に商品を思いつくと、「あーこれいける!」って強気に広告ガンガン出しちゃって、爆死するんですね。

広告出しても大して効果ない、記事を書いても大して効果ない、あれもだめ、これもだめ……この経験をしておかないと、天の閃きのアイデアで、地獄に一直線ということになってしまうわけです。

そういう意味で、起業をこころざすのであれば、今どういう状態であれ、何かしらテーマを決めて、集客をはかるためのBlogを今すぐはじめるべきでしょう。WordPressとかでやれば、長くせこせこやってるだけでそれなりにアクセス増えたりしますしね。

とりあえずこのあたりの本でも読んでおきましょう。起業しちゃったら本読んでる暇なんかあんまりないだろうから。脳みそのリソース的にね。時間的にじゃないよ。

億万長者の不況に強いビジネス戦略
著者:ダン・ケネディ
商品タイプ:本

販売価格: 3,990円
送  料: 無料
販売条件: 90日間返金保証

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes