情報商材の単価を8倍にする方法

情報商材を販売するとき、普通PDFファイルにするものですが、もっと単価をあげて販売したいのであれば、敢えて紙にしてしまうというのも手です。
人は、やはりpdfファイルよりも紙媒体のもののほうが価値を感じてしまうのです。

同じ内容であっても、pdfファイルではなく印刷された紙にすることでプラス2000円とることができると言えます。

例えば、あなたが制作した情報商材をpdfと紙媒体で選択可能にします。紙媒体の方は送料込でプラス2000円にします。
それでもそちらを選ぶ人はたくさんいます。

では、もしあなたが書いた情報商材がものすごい大作500ページくらいになったとします。
そうなったら、私は紙にすることを薦めます。

pdfで500ページと言われても、読むのめんどうくさいなと思うだけですが、500ページもある紙の印刷物が家に届いたらそれだけで感動があります。
できあがったものを写真で撮影して、「こんなに分厚いのが、たったの16800円!」と売り込めば売れます。

さらに、紙にするときは、バインダー形式(ルーズリーフ)にします。
立派なバインダーにはちきれそうなぐらいつまったルーズリーフ。これがいかにも価値がありそうなのです。まるで聖書みたいにするのです。

伝説のコピーライティング実践バイブルという本がありますが、この本には「若き神田昌典が、この本の原書に8万円をはたいて、むさぼり読んだ」というキャッチコピーがあるように、もともと8万円の本を日本語にして書籍化したものです。

情報商材に興味がある人ならまず持っている本だと思いますが、この本が8万円で売れた理由は(この本の中に原著の画像がありますが)、バインダー形式だからです。

神田昌典もひどくめくりにくく、めくるたびに紙が千切れていく……と言っているように、このめくるたびに紙が千切れていく読みにくさこそ価値の演出なのです。
なんだか魔術書を読んでいるようではありません。これが高い価格で売れる理由なんです。

これを販売する方法はとても簡単です。
あなたが、今までに出した情報商材を全部寄せ集めて、資料も添付するんです。例えば、このランディングページは参考になるというような感じで、次々と放り込むんです。そうすると、あっという間に分厚くなります。

あとはそれをルーズリリーフにして、いい感じに分厚くすごそうな装丁にすれば、価格は通常の8倍をつけることができます。
おまけに販売部数を限定して、温まったリスト(過去に購入してる人たちなど)にこっそりとメールで教えてあげるんです。
こんなものは普通は買いませんから、ブログで宣伝しても無駄です。このブログは胡散臭いな、読むのをやめておこうと思われるのがオチです。
そうではなくて、すでにあなたのファンである読者にこっそりと紹介するんです。
30部限定とかにすれば、自宅からでも送ることができます。
ひとつ8万円であれば、梱包もやる気がでてくるというものです。おまけにせっかく直接送るんですから、あなたはひとつひとつ手書きで、「購入ありがとうございました。絶対儲けましょうね!今度セミナーもやります、ぜひお会いしましょう!」みたいな感じ宣伝しながら温かいメッセージを書いておくんです。クソみたいな汚い字でもいいんです。コピーされているわけでもなんでもない手書きの文字がお客さんには嬉しいのです。「ああ、本当に30部限定なんだな」と思ってもらえます。なんなら、書籍に6/30みたいに、番号を振ってもいいでしょう。もちろん手書きで。ボールペンでちょこっと書くんです。
しかも、サインまでつけたらどうですか。「肉欲棒太郎さん、がんばってください!真夏みのり」なんて書いたら、とっても嬉しいはずです。

このちょっとの工夫で価格はいくらでもあげられるのです。
そして、高額商品を買ったにもかかわらず、お客さんは大満足してしまいます。

たしかに、直接送るのは面倒くさいでしょう。でもそのかわりにwebではできない、直接のメッセージが可能なのです。

例えば、ファーストランキングというリスト販売業者がありますが、ここでリストを買うと、リストを開くパスワードを郵送してくるのです。
そんなことをしなくても、ただcsvファイルを送れば済む話です。それなのにわざわざ郵送してくるのは、直接のメッセージを届けるためです。
ここでリストを買うと、パスワードと共に「北海道にいってきたのでお土産を買ってきました」と言ってキャラメルが入っていたりします(本当に。笑)。
こういうちょっとしたことでも、業者に対する印象が一気によくなります。
これが、サービスなのです。

ですので、紙にして送るなんて経費の無駄じゃないかと言わず、やってみると意外と効果があるものです。ぜひ情報商材を書きためてファンも増えてきたら、やってみるといいでしょう。

ちなみに、見込み客もいない状態でこれをやっても、面倒くさい上にコストがかかるばかりですから、あくまでも儲け出したらやること、のひとつです。

◆参考書籍

プロが教えるHowtoコンテンツでお金を生み出す方法

情報商材を販売するのであれば、絶対に買うべき本。
この本を買えば、書店に並べられている本がいかに役に立たないパンフレット的なものにすぎないかわかるでしょう。
具体的なノウハウとはこういうのを言うのです。
このルーズリーフにすれば価格は高くても売れるというのもここから借用したネタです。

伝説のコピーライティング実践バイブル

この本は書店で販売されていますので、多くの人が持っていると思います。
逆にこれを持っていない人は、「あなた本当にやる気があるんですか?」と聞きたくなります。
なぜなら、書店に出回っているコピーライティングの本は数少ないのですから、これで稼ぐ以上はすべて持っていて当然だからです。
とはいえ、あなたがこの本をまだ持っていらっしゃらないのであれば、買うことは薦めません。
第一に、内容が古い。この本が出たのがただでさえ2011年と古い上に、この本がそもそもリライト本なのですが、原著はさらに古い。
著者のロバートコリアーの経歴を見てください。→【著者】ロバート・コリアー(1885~1950)
20世紀はじめの人です。大昔の人じゃないですか。
情報商材とかDRMってそもそもそんなに歴史があるものではありません。それなのにこんな黎明期の本をいまさら読んでも意味はありません。
たしかに、いいことは書いてありますが、いまやロバート・コリアーの広告では通用しません。乱立する誇大広告の前に、吹き飛んでしまいます。
この本を買うのであれば、別の本を買ったほうがいいでしょう。

あと、誤解の多いところではありますが、この本はひとつの伝記のような物語の本で、けっして辞書的に使う本ではありません。
amazonのレビューには辞書的に使う本というようなことが書いてありますが、きちんと読んだらこれは辞書的に使うようで、まったくそうでないことは明らかです。
ですので、この分厚さをサラッと読める人でない限り、基本的には不向きと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes