無料Blogはフランチャイズのようなもの/アメブロで集客

SEOの観点から、WordPressでブログを書いたほうがいいというのは、再三に渡って言ってることですので、もうよくわかったと思います。

それでは、流行りのアメブロには何の価値もないのかといえば、そうではありません。
アメブロにはアメブロなりの強みがあるのです。

そもそも、無料ブログ(外部サーバー型)とサーバーインストール型(自社サーバー型)のブログは何が違うのか、考えてみましょう。

まず、アメーバを例にとりますと、アドレスが、ameba/minori co jpみたいなアドレスになりますよね。この一番左のamebaというのがドメイン部分です。

つまり、あなたのブログはアメーバというサイトのコンテンツの一部ということです。
ということはあなたの書いた記事の評価はアメーバの評価になります。

Googleはサイトのコンテンツ量も評価しますから、Google君は大量のアメブロを見て、「おお、このアメーバとかいうサイトはたくさん記事を書いていて、しっかり頑張ってるな。よし上のほうに表示させやろう」と思うわけです。

あなたが、「googleさん、違いますよ!それは私が頑張って書いてるんです!」と言ってもそんなことはありません。

たとえていうなら、唐揚げ職人がセブンイレブンをはじめて、世界一おいしい唐揚げをお客さんに提供しても、「セブンイレブンの唐揚げは実にうまいな」とお客さんに思われてしまうのと同じということです。

セブンイレブンの例を出したので、フランチャイズ(以下FC)を例にとって説明すると、FCの強みって大元のブランド力ですよね。

私が、「みのりコンビニ一号店オープン!」とかやっても、お客さんは、「なんだこのコンビニは?随分胡散臭いな」と思うだけでお客さんはきません。少なくともセブンイレブンと並んでいたらセブンイレブンに行くと思います。

これと同じで、アメブロならアメブロのブランドがあります。
特にアメブロは、アメーバの中で読者機能とか足ペタとか、SNSっぽいところがありますよね。
だから、いきなり自分のサーバーにブログをインストールして、「さあ、開店したぞ!」というよりも、ずっと人がきやすい状態にあるのです。

その証拠にWordPressでサイトを作って、1日目に「うんこ」、2日目に「うんこうんこ」、3日目に「うんこうんこうんこ」という記事を書いても誰もきませんが、アメーバなら、10アクセスぐらいありますよ。
それは、アメーバが、サポートしてくれていて、「新しくアメーバに加入したみのりさんが「うんこ」っていう記事を書きましたよ~」ってアクセスの多いアメーバのサイトで宣伝してくれているからです。

ところが、特にアメーバにいえることですが、このように宣伝をするためには、誰が新しく記事を書いたのか、まめにチェックをしていないといけません。
なので、アメーバは機械がぐるぐる巡回してるんですね。
セブンイレブンも、たまに社員に巡回してきますが、それと同じようなものです。
ではその巡回はお客さんなのかといえば、違います。コンビニの社員はジュースの1本くらい買ってくれるかもしれませんが、アメーバのプログラムがあなたのサイトに寄ったついでに、Googleの広告をついでにクリックして帰っていくかというと、そんなことは絶対にありえません。

ですから、無料ブログはアクセスの水増しがある程度あると考えていいでしょう。
特にアメーバはアクセスの水増しがひどいことで有名です。
現に私も、1日に30回記事を書いて、1日のアクセスを3000まで伸ばしたことがあります。
ところが、この3000アクセスから、本家のサイトに飛んでいる人がたったの7人しかいないのです。

はっきり言いましょう。アメブロのアクセスはほとんど機械です。具体的には、10倍ぐらい水増しされていると考えていいです。

だから、何度もいいますが、WordPressで現実を学んで、1日100アクセスがどんなに大変なのか体で知る必要があるわけです。

#無料ブログはフランチャイズと心得よ

WordPressなんかさっぱりわからん。
アメブロでやるしかないという人は下記のメルマガで基礎から学習しましょう。

【アクセスアップで1日500人無料メール講座】
※全10回のステップメールです。

対象レベル:初心者
※なお、このブログは中~上級者向けに書いています。

内容:アクセスアップの考え方の基礎、SNSを使った集客、使える無料ツール、有料ツールの紹介、全自動で1日500アクセス増やす方法……など

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes