真夏みのりのコピーライティング講座(ちょっとだけだよ)

コピーライティング講座/セールスレター制作【今日のテーマ】

今日は気が向いたのでコピーライティング講座やろうと思います。

素材はダイレクト出版の高額商品を売る方法という動画です。
別に何でもいいんですけどね。

まず、全文を引用します。
まあ読むの面倒くさい人は読み飛ばしてOKです。

もしあなたが

・高額商品の作り方がわからない
・高額商品をネットで売るには抵抗がある
・価格の低い商品ばかりを扱っている

だとすれば、このメールはあなたにとってとても重要です。

あなたは世界一のインターネットマーケティングの
エキスパートであるヤニクシルバーをご存知ですか?

彼はダン・ケネディやテッド・ニコラスなどの
ビジネス・パートナーであり、これまで世界中に
多数のインターネットの成功者を排出しています。

そんなヤニクシルバーによる
「ネットを使った高額商品のすごい売り方・作り方」を
動画で紹介しています。

↓↓↓
http://123direct.info/tracking/af/745518/ViehtCcT/

内容は、

・ どうやって、高額商品を作るのか?
 (1つは、商品のボリュームを増やすことですが、、、
 もっと簡単な方法があります。)

・ 高額な商品を売って、感謝されるために必要なたった一つのポイント?
 (このポイントを外してしまうと、あなたは高額商品を
 売り付ける詐欺師になってしまいます。)

・ 1回の仕事から継続的な収入を得る方法
 (継続収入、追加のプラスαの収入が欲しければ、これをやってください)

・ 毎月8,000ドル(80万円)を課金し続け、
 しかも、お客さんからそれを「ずっと継続させてください!」と
 言わせれる商品の作り方。

・ 高い値段を請求するのに、心理的な抵抗がある?
 どうしても値引きしてしまう?
 (これを知れば、あなたは自分自身のメンタルブロックを外し、
 適正価格で販売し、適正な利益を手にすることができます)

・ 価格の心理作用を利用して、いとも簡単に高額商品を売ってしまう方法?
 (この方法を使えば、売るのが超簡単になり、
 大きく利益を残すことができます。)

など。

もしあなたがネットを使って、高額商品を作り
売りたいと思うならこの動画がお役に立てるでしょう。

詳細は以下のページから。
↓↓↓
http://123direct.info/tracking/af/745518/ViehtCcT/

PS:
内容を公開したサンプル動画もありますので、
こちらのページから確認しておいてくださいね。
↓↓↓
http://123direct.info/tracking/af/745518/ViehtCcT/

じゃあいきます。

まず一番最初。ここ掴みなんで、とても大事ですね。

#書き出しが一番大事

コピーとか広告で大事なのか、まず誰に向けられた商品なのか、ということ。

ですので、最初に○○な人に向けられた商品ですって言うのがいいわけです。
例えば、営業成績が出なくて困ってる人とか、銀行員の人とか、妊婦の人とかね。

こういうのは対象がせまければせまいほどいいものですから、例えば【日本在住の方へ!】とか言われても全然ピンとこない。
そうじゃなくて、【東京都町田市にお住まいのあなたへ!】みたいなほうがずっといい。

新聞でも、なんとか税あがりました~とかよりも、町田市民には特別交付金がありますとかのほうが、「な、なんだって!もっと教えてくれ!!」ってなるでしょ。私も消費税なんかより相続税があがったとか、所得税がどうのとかそういうのほうがずっと興味がある。うちなんか典型的な現金がなくて、土地ばっかりある老人型の家庭だから、相続税がアホみたいにかかるんじゃちょっと困るというわけで消費税よりもずっと興味があるというわけです。都市部はどこまで減税されるのか、とか。(うちの事情はどうでもいいですが)

広告も同じで、「あっ、これは自分のことだ!」と思わせられると大きい。
でも、「東京都港区南青山五丁目に住んでる骨董通り沿いに住んでるそこのあなた!」とか書いちゃうと、一気に対象のお客さんが減ってしまう。

だから、一番いいのは、全員がさも、自分のことだと思ってしまうような書き方ってことですね。
血液型占いみたいなものです。
「あ~当たってる当たってる」なんて思ってたら、間違えてO型の項目読んでたとかね(笑)。※私はB型
こういうのがいいコピーってことになる。

ズバリ、じゃあどうしたらいいかっていうと、経験を例に出すのがいい。
例えば、誰でもしちゃうような、あるある系の経験ってあるでしょ。

ダイエットなら、「昔履けてたデニムが、入らない……」みたいな。
こういうのが、「ああ、それ私、私」って1億人くらい思うから、これはいいコピーなんですね。

あとは、「私はもっと給料をもらっていいはずだ!」みたいな勘違い系。みんな思ってるから、「そうだ!そうだ!」というわけでつい続きを読んでしまう。
そう、見出し文の役割は、この広告は自分に向けられていると思わせて、続きを読ませることなんですね。

では、ダイレクト出版の広告をみてみましょう。
まずは見出し部分。

もしあなたが

・高額商品の作り方がわからない
・高額商品をネットで売るには抵抗がある
・価格の低い商品ばかりを扱っている

だとすれば、このメールはあなたにとってとても重要です。

◆高額商品の作り方がわからない/価格の低い商品ばかり扱っている

あなたのお店がシャネルとかポルシェでもない限り、高額商品というのはちょっと作りにくいですよね。
それだけいいものを作らなきゃいけないと思うし、ipadが3万円で買えちゃう時代なのに、自分のポンコツ商品に1万円もかけちゃって一体誰が買うのだろうか……みたいな。これはみんな思いますよね。
ま、価格なんてテキトーに欲しい金額をつけちゃえばいいんですが。

◆高額商品をネットで売るには抵抗がある

私が以前車好きの知人に、一番欲しい車はなんだときいたところポルシェだと言っていたので、amazonの欲しいものリストに入れておいたら買ってあげるよと言ったのですが(冗談ですよ)、「そもそも、amazonにポルシェあるんですかねー」という話になりました。
こんな風に高い商品はネットになさそうなんですね。
だから、ヤフオクに家とか出てるとちょっと驚いてしまう。
だって、高級なものって、モデルハウスがあったり、立派な展示場があったり、ブランドものなら、ちっこいハンドバッグひとつのためにスペースを大きくとり、まるでRPGゲームのラストダンジョンの宝箱に入ってる超強い武器みたいに置かれてますよね。
あのイメージがあるから、ネットで、じゃあ「ポルシェ発送してきましたわ!佐川急便なんで送料500円ですわ。いなかったら不在票いれときますね!」っていうのはちょっとイメージがつかないわけだ。
ところが、実際は100万円のDVDセットが飛ぶように売れてたりするわけです。家もヤフオクで売ってたりするし、中古車売買もさかんに行われている。

というわけで、おおよそネットビジネスをしてる人なら誰でも、高額商品というのは憧れつつも扱えないのが現状なわけです。

————-

◆権威付け

例えば、飲み会の参加費一人4000円とか聞くと「えー高いなあ、行くのやめようかな、メンバーしょぼいし」とか思いますよね。でも安倍晋三(※この記事を書いていた2013年1月時点での首相、みなさんがこれを読む頃には別の人が首相でしょうね、きっと)が来るとなったらどうですか?
私は政治には興味ありませんし、安倍晋三もさして好きなわけではありませんし、そもそも前回の選挙では自民党には投票しませんでしたが、それでも、「えぇ~安倍さんくるの、じゃあいこうかな」って、たぶん8000円でも行くと思います。
だって、安倍晋三ですよ?
酔った勢いで乳でも揉まれようものなら、すぐ写メとって、100倍の価格で……
なんだかよくわからないけど、すごそうじゃないですか。
別にこれ安倍晋三じゃなくても、松たか子でも、デーモン小暮でも、ビルゲイツでも同じだと思うんです。

つまり権威があると、まあお金を払ってもいいか、この価格でも仕方ないんだなと納得させられるわけです。

例えば、素人の料理教室だと1000円でも高い気がしますけど、ビルゲイツの料理教室1万円なら、まあすごい人だしそんなもんか仕方ないなって感じはしますよね。
行くかどうかは別にして。

というわけで、こいつは偉いんだってのは大事なわけです。

情報商材なんかだと、「合コンでバカにされた」みたいな残念エピソードからはじまって、「あるコトを知るだけでウッハウハー!」っていう誇大コピーが飛び出してきて、「おっと、申し遅れました。カリスマ合コンマスターの真夏みのりです…」みたいなパターンが多いですね。特に恋愛系は。

あなたは世界一のインターネットマーケティングの
エキスパートであるヤニクシルバーをご存知ですか?

彼はダン・ケネディやテッド・ニコラスなどの
ビジネス・パートナーであり、これまで世界中に
多数のインターネットの成功者を排出しています。

世界一のインターネットマーケティングのエキスパート、ってこいつはすごいんだぞって言ってますね。

で、注目したいのは、ここ。

「彼はダン・ケネディやテッド・ニコラスなどのビジネス・パートナーであり」

みなさんは知らないかもしれませんが、ダンケネディはものすごい人で、超有名人なんです。テッドニコラスはダンケネディに比べて知名度的に劣りますが、やっぱりすごい人なんです。
こういう人とすごい人とビジネス・パートナーなんだ、と。

すごい人を引き合いにだして、一緒にすごくなる効果です。

(例文)
「真夏みのりさんは、木村拓哉さんや松本潤さんの恋愛アドバイザーで、……」

これだけでうわっ、すげーって思うでしょ。でもすごいのは、木村拓哉さんや松本潤さんであって、私は、笑っていいともの観客席から、「木村さーーーん!もっと髪切ったほうがかっこいいですよーーー!」って叫んだだけかもしれない。

要は、こんな風に、有名人と並べることで一緒にすごくなるわけです。あと、単純にわかりやすいですね。
一番わかりやすい例は、「彼は博報堂の関連会社に勤めています」みたいな、「三菱UFJ系列のコンピューター会社」とか、よく聞いたら、別に大したことないじゃないか、みたいな。合コンでよくある自己紹介ですね。以前、私は合コンで「三井住友銀行のシステムの…ごにょごにょに勤めてます」とかいうのがいたから、「キミは三井住友銀行に勤めているのか、それとも三井住友銀行の子会社のシステム系の会社に勤めているのか一体どっちなんだ!」と問い詰めたところ、「すいません、三井住友銀行の子会社の子会社の子会社の子会社の子会社の子会社の外注先のへっぽこ企業のSEですわ」と白状した人がいます。

まあ、ジョークはさておき、みなさんが日常でもやるように、広告でも虎の威を借りることが大事なんですね。

※ちなみにヤニクさんはきちんとした成功者ですよ。

————-

あとは、内容紹介ですね。

これ、セールスレターならこのあと、ベネフィットとか色々つっこんできて、超長い文章が続くんでしょうけど、これはメール用の広告文なので、必要最低限で済ませてるんでしょう。

逆にいえば、ショートバージョンの広告は、この流れでOKということです。

(1)あなたは、○○じゃありませんか??/お客さん「えっ、そうだけど!」
(2)○○(商品名)/○○さんを知っていますか?/お客さん「えっ、知らないけど」
(3)○○さんはこんなに偉いんです。しかも○○さんはあの有名な○○さんの友達です/お客さん「まじか!すげー!(でも高いんだろうな)」
(4)そのすごい○○が、な、な、なんと、たったの500円!やすいっ!/お客さん「やすいっ!」

というわけでお客さんは購入するわけです。

参考になりましたでしょうか?

真夏みのりのコピーライティング講座でした。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes