記事を書き続ければ1日100アクセスはいく!

アフィリエイトカレッジの伊藤さんのブログを読んでいたらこんな記事がありました。
これはアフィリエイターにとっては嬉しい報告ですね。

アクセス数4倍、収入20倍を達成したアフィリエイトサイトに費やした労力

ただ、これ私の経験上、WordPressなど自社サーバーでやらないとここまで伸びない気がしますね。

以前に2年ほど1日2~3更新で400個くらい記事かいたブログがあって、アクセスは1日300~500くらいあったのですが、うち検索からきている人は20人程度だったような気がします。※ほとんどがリンクから

ただ、これはかなり大手サイトの管理人さんがリンクを貼ってくれたというのがあって、かなりそこに依存してたので、「そうか、相互リンクが大事なんだな」とは思わないことです。

相互リンク先が大きいところ(1日1000アクセスくらい)なら、結構きますが、それ以外の相互リンクから人がくることはまずありません。

もちろん少しはアクセスがあるので、相互リンクはしたほうがいいのかもしれませんが、ここをみているみなさんがたはどうせろくでもないアフィリエイトブログを作っていらっしゃると思いますので、そうすると相互リンクも似たようなアフィリエイトサイトになりますよね。

この相互リンクしてるサイトがたとえば、ひどいステマ行為や悪質なバックリンクを業者から買っていたりすると、Googleが評価をおもいぅきり下げることがあります。そうすると、今度はそういう悪いサイトと相互リンクしてるサイト(相互じゃなくてバックリンクでも)、ということになって一緒になって評価が下がることがある(らしい)んですね。

こういったリスクを考えると、相互リンクはもはやあまり意味がないと思います。

Googleが日に日に賢くなっていることを考えると、相互リンクをせっせと集めたり、しょうもないバックリンクを集めることは、あまりやる意味がないと思います。

そうすると、あまりお金をかけたくないアフィリエイターは何をするか?

その答えが伊藤先生の記事です。

ずばり、記事を150個書いて、放置しろ!ということになります。

もちろん、Googleは(というか、SEO的に)更新頻度もみますので、月に1回くらいは申し訳程度に、「今日はどこどこで牛丼食べた。おいしくなかった。」みたいな記事を書いたほうがいいということになりますが、何にせよ、スタートのやる気のある状態のときに記事を150個1ヶ月ぐらいでぶあああーーーっと書いてしまって、あとはひたすら寝かす(もちろん更新しつづけてた一番いいのでしょうが)というのがいい気がします。

ちなみに、SEOに関して圧倒的に効果あるのが内部ソースの変更ですね。

私は実験的に、下記つのサイトをやっていますが、(2)が圧倒的に強いです。
10インデックスくらいのサイトですが、狙ったワードはだいたい1ページ目にきます。

(1)関連するテーマでインデックス数だけを増やしてるサイト(きちんと手動で)
(2)内部ソースを徹底的に整理し、しかも定期的に最適と思われるソースに変更してるサイト

ちなみに私は大してパソコンに詳しくないので、(2)はどうやっているかというとソフトを使っています。
え、そのソフト教えてよ、って?
教えてもいいけど300万しますよ(笑)。

ちなみに、伊藤さんのブログなかなか参考になるのでブックマークしておくといいですよ(アフィリエイターの人は)。

p.s.

だから、最初のほうはあんまりアフィリエイトリンクせっせと貼るぐらいならもう少し記事書いてもいいかもしれないですねー。
私のお薦めはライターを雇っちゃって、最初に100記事くらい書いてもらうんですよ。
一つの記事800文字で、だいたいライターの相場が1文字0.5円くらいですから、4万円でしょう。
これで自分が書く記事は1/3で済むわけです。

これから大して働かずに毎月10万とか稼ぐんですから、そのぐらい、いいじゃないですか。
全部無料でやると、無駄に苦労するばかりです。
お金で解決するところは、お金で解決しちゃいましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes