財布の中にいつも600万入れておこう!

また与沢さんの話で恐縮ですが、以前、youtubeでネオヒルズ族の動画をみたところ、与沢さんは部屋の中に現金1億円を置いているというのです。
この動画は、レポーターがネオヒルズ族にインタビューしていくもので、「いま財布の中にいくら入っていますか?」と聞いていくのです。
与沢さんを含めたネオヒルズ族は、みな財布の中に300万以上持っているのです。
もはや、財布というよりは鞄です。鞄の中に1万円札が束で入っているのです。
これをみたとき、なんとまァ、下品な!こうはなりたくないものだ……と思ったものです。
もっとも、「テレビ的」な演出は多少あったことは予想されますが。

しかし、よくよく考えてみると、資産が100万円あったとき、それは札束で持っているのが一番いいです。
現に私も、貯金は引き出しの中です。いわゆるタンス貯金というやつです。

これを知人に話したところ、「お前の考えることはさっぱりわからん」と言われましたが、銀行に預けるよりも、タンスの中にしまっておいたほうがいいのです。

資産の価値は交換可能性というのがありまして、要するにすぐ現金にできるもののほうが価値があるとされます。
だから、1億円の家よりも、1億円の株券のほうが価値がありますし、株券よりも現金のほうがずっといいのです。
私に言わせれば、1億円の株券よりも1億円のビール券のほうが価値がありましょう。

例えば、あなたが道を歩いていたら、今日限定で、超欲しいものが50万円で売っていたとしましょう。
これをなんとしてでも買いたいとします。

そうすると、財布の中に入っている人はすぐに買っておしまいです。
次に預金債権(銀行にお金を預けてる)を持っている人は、銀行に行ってくれば買うことができます。
財布の中にビール券しかなかったら、とりあえずは金券ショップでも探せばなんとかなりそうです。

ところが、これが友達に50万円貸していて、50万の債権を持っているとなるとちょっと難しそうです。
ましてや、家では、今日中にそれを50万円にするというのはちょっと難しい。
せいぜい、家を担保にサラ金に金を借りるくらいでしょう。

このように、現金から遠ざかられば遠ざかるほど、お金は使いにくくなるのです。そして、お金は使うためにあるのですから、使えないお金など意味はないのです。
ですから、家を買うなんて、お金で、使えない上に勝手に減っていくお金を買っているようなもので、バカみたいです。

だからってタンスの中に入れる必要はないだろうと思うかもしれませんが、例えば2000万円持っているとします。
これを銀行でおろそうとすると、ATMではおろせません。したがって、15時までに窓口で受け取らないといけません。
つまり、あなたのお金は15時までしか使えない、時間制限付き切符のようなものになってしまっているのです。
(電車の切符を回数券で買うと10枚分の価格で11枚買えますが、さらに使う時間が制限されたものを買うと12枚買えたりするわけです)

しかも、銀行で2000万もおろそうものなら、まず窓口の人に「何があったんですか?勘弁してくださいよ!」と言われます。
信じられません。自分のお金を下ろすのに、「ちょっと待て」と言われるのです。

これが数億となると、もうおろすことはできません。
私の予想ですが、銀行のショボイ支店には、大して現金がないのです。
1週間前に預けた私の1億円は、銀行の偉い人のキャバクラ代に消えてしまっていて、銀行は返せと言われたら、必死にあちこちから1億円集めなければいけないのです。

それはそうです。
銀行に預金するということは、銀行にお金を貸すということです。
お金を借りる人は当然用途があるわけで、お金を返すために常日頃、あたりを警戒しながら、あなたのお金を大事に抱えているわけではないのです。
(※もしそうだとしたら、金利が貰えるのではなく、あなたがお金の警備代を支払わなければなりません)

とはいえ、普通はいきなり2000万も3000万もおろしたりはしませんから、銀行預金でも不都合はないのですが、必要なときにお金を下ろそうとすると、いちいち手数料がかかりますし、手元にあると使ってしまうという理由以外に銀行に預けるメリットは何もないと思います。
(※もっとも、このメリットは非常に大きいものであることは私も認めますが。あと数えなくてもいいというのは大きいですね)

さて、ここからが本題ですが、銀行の預金債権と現金の一番の違いはなんでしょうか。

それはモノか権利か、つまり目に見えるか見えないかということです。
もちろん、理論的には現金も債権に過ぎないのですが、多くの人の認識では、1万円札そのものに価値があると思うはずですし、現金で払うというときに、「日本銀行は本当に大丈夫なのだろうか?だいこんでもらったほうがいいのではないか」等と考える人はいないはずです。第一、だいこんでは、最初に述べた通り、食べる以外に使い道がほとんどありませんので、日本銀行がどんなに危なくても、だいこんよりはマシですし、少なくとも、いまある権利の中ではもっとも信頼できて、もっとも交換価値の高いナンバーワンアイテムであることは疑いがないでしょう。

実は、人間はとても頭が悪いもので、目に見えるものと見に見えないものでは、ずいぶんと効果が違うのです。

例えば、明日10万円返すから、今日8万円貸してくれ。ほら、ここに銀行債権もあるといっても、随分と胡散臭いなと思って貸してくれない方もいるでしょう。第一、債権があるといっても8万円借りて、私がさらにおろしたらおしまいですし、そもそも10万円の預金があるならそれを使えよという話になります。権利はどこまでいっても胡散臭いものです。

ところが、現金をでーんと見せると信用度は抜群です。

私も、何かを販売して、「明日振込をしますね」というのでは、75%だなと判断します。
実際、振り込まない人は多いのです。
これが現金ですと、もらった時点で、「今日は売れたな」と思います。お金をもらっておきながら、「まだまだ安心はできないぞ、日本がダメにならないうちに金(きん)に変えておこう。金(きん)を買うまでは安心できないな」とは思わないでしょう。

この現金の信用性を使うと、モノを安く買うことができます。
実は現金はこれが強い。

例えば、700万のマンションを買うのに、「どれ、今すぐ買うから600万にまけておくれよ」と言ったら、まず600万で買うことができます。
これがもし、ローンを汲んで買ったら、どうですか。
700万のマンションが、払い終わる頃には、トータルで2倍くらいの価格で買っていることになります。
2倍というと1400万円です。600万で買った場合と比べると、800万も差がでます。もう1軒家を買えます。

そこで、「もう1棟マンションを買うから、2つで1000万にしておくれ」と言ったらどうでしょうか。
これも(多分)買うことができます。

マンションをひとつローンで組んで買う金額で、マンションが2つ買えて、おまけに400万も手に入ってしまった。

ここで、さらに、「3つ買うから、おおまけで1400万!どうですか!」とおしてみます。
これもきっと買えるでしょう。
私が家を売る人なら、喜んで売ります。
「現金でマンション3つも!しかも今すぐ払ってくれるんですって!!」と尻尾を振って揉み手になります。頭の中はこの後の楽しい飲み会のことでいっぱいです。

どうですか、これで、マンション1つ分の価格で3つも買えてしまうのです。

つまり、現金は3倍ぐらいの価値にもなるのです。

世の中には悪い金融機関があって、ヤミ金と言われるものですが、こういう人たちにお金を借りると、すぐ300万、500万と借金が膨れ上がって、破産してしまいます。
ところが、このヤミ金のひとたちが貸すお金の単位が5万円とか3万円とかその程度なんですね。
借りる人は、こんなところから借りたらまずいのはわかっています。
それでも、つまり、未来をすべて犠牲にしてでも、5万円を手にしないと生きていけないのです。

ですから、まさにいまお金を持っている、つまり鞄の中に100万なり、200万入っていることは強いのです。
例えば、鞄の中に100万円いれておいて、お金のなさそうな友人に片っ端から会っていき、「1万円貸そうか?来月1000円増やしてかえしてくれたらいいよ」といってどんどん貸していきます。回収できるかはさておき、理論的には、これだけであなたは随分と儲かります。現金サマサマなのです。

例えば、これを応用したものに、オーバーリースというのがありまして、例えば、200万の商品を売るとしますね。
高いので、お客さんは分割払いをするわけです。
毎月10万円、30回払いをしますという風に約束するわけです。

そして、この200万で販売したものが、「これで儲かる!億万長者DVD」だとしましょう。
この人はこれで儲けるわけですが、儲けるには現金が必要です。
ところが、その現金も毎月10万ずつでていってしまう。

そこでどうするか。
「200万の商品+300万の現金」に変えてしまうのです。
お客さんはこれを買うと、商品と300万が手に入ります。
それで、分割払いは、毎月20万を50回払いにするわけです。

これで両方とも得をするわけです。
お客さんは商品も買えて、商売をはじめる元手も手に入る。

売っている人は商品も売れて、お金も貸せて、あとは寝てるだけで毎月20万振り込まれるのを待つだけです。

もちろん、この記事を正しく読んだ人は、お客さんがハメられていることに気づきますよね。
でも、このDVDがすごくいいもので、毎月お客さんが50万稼げたら、お客さんは30万プラスですし、販売者は20万のプラスです。
両者ニッコリの結果に終わるのは、ひとえに商品のできとお客さんのがんばりにかかっているわけです……。

※厳密にはオーバーリースは金融機関を通すもので、説明の便宜として二者関係にしましたが、金融機関と三者関係になるのが普通です。

コンテンツビジネス(情報商材)+オーバーリースでが最強なのではないかと思いますが、すぐに社会問題になりそうですね(笑)。

与沢さんどう?
このアイデア、100万円で買いませんか?

p.s.
ちなみにいま私の財布の中を見たら、18000円しか入っていませんでした(笑)。
だいたい私の財布の中は、1万円~2万円の間ですが、1万円切ることも結構多いです。
タンスの中にいくら入ってるかは秘密。秘密というか数えていないのでわかりません。

One Response to “財布の中にいつも600万入れておこう!”

  1. […] みにいくら入れたほうがいいのかという話ですが、以前、このブログ内の記事で私は600万入れたほうがいいという説を唱えましたので、とりあえず全財産ぶち込めということになります […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes