1万円を1000万円にする方法

1万円札を確実に2万円にするのであれば、せどりがよいと思う。
せどりについては下記記事参照。

参照記事:せどりで稼ぐ入門以前

資金100万円くらいまではせどりで頑張って、その後利益率のいいネットビジネスでその100万を300万にする。
この300万で胡散臭い商品(情報商材とかね)を作って、一気に1000万稼ぐ。これがいいんじゃないかと思います。

ただ私はせどりが大嫌いで、せどりをするぐらいならコンビニでアルバイトをしたほうがいい。目利きなら他人にやらせて上前をちょっとハネてもいいけど、目利きじゃないので無理です。やしろさんの商材買うしかありません。

何にせよ、多くの人は最初の1万円を2万円にすることができない。
ビジネスをやろうにも、売る商品もなければ、特殊な技術やノウハウもない。サービスも提供できない。
アフィリエイトはなかなか収益があがらない……。

そういうときは、せどりしかない。
あらゆるビジネスには時間がかかるものだけれど、せどりだけは例外で、即お金になる。

なりふり構わないというのであれば、iphone片手にブックオフでアマゾンのマーケットプレイスの価格やヤフオクを見ながら、ひたすら100円の本を買っていくという手もある(あまり薦めないけれど)。

ただ、ヤフオクで500円くらいが相場であっても、それが売れるとは限らない。
出したはいいものの、なかなか売れないなんてしょうっちゅうで、私は部屋にある書籍の山を処分するときに、基本的に私は書籍をきれいな状態で保存するし、全部新品で買っているし、定価4000円以上の本がたくさんあるから、ゴミに出すよりはヤフオクで売ろうと思ってひとつひとつ丁寧に写真をとって、出してみたものの、まるで売れやしない(売れたものもありましたが)。途中で気が狂いそうになったので、結局、ネットオフに買い取りにきてもらい、合計で2000冊近い書籍をタダ同然の価格で処分しました。それでも10万円近い金額になりましたけどね、数が多かったから。

というわけで、一番いいのは持っているものを売ること。
これで1万円捻出する。
あとは、本ではなく単価の高いゲームとかでせどりをする。ここでゲームせどりの登場です(笑)。


◆memo
ちなみに、、、、
せどりをするときに在庫との関係が気になると思いますが、書籍でいうと在庫100冊で月30冊程度の売り上げだそうです。
ということは1日5冊売るためには、在庫は500冊必要ということです。
1冊100円の儲けであれば、1万5000円稼ぐのに500冊の在庫が必要ということになります。
ブックオフでの書籍転売、おわってますね。
私は絶対やろうとは思いません(笑)


ゲームなら価格差も結構ありそうだし、儲かりそうですね。
しかも、今なら山のようにオファーがついてくる。与沢さんの商品も山のようについてくる。
こりゃあお買い得だ(実際、この特典すごいと思う。せどりに興味のない私も買いそうになりました)。

あなたが私のようにせどりが大嫌いなら、このノウハウで、友達にやらせて、上前を2割くらいハネればいい。
友達も儲かるし、あなたは寝ているだけで儲かるのだから、こりゃあボロい!

これで、100万円くらいためたら、例えば、「せどりで100万円稼ぐ方法」で情報商材や無料レポートにしてもいいし、利益率がよさそうなビジネスをやってみてもいいです。実際100万円あればかなりいろんなことができます。例えば、出張系のサービス業はだいたい100万円あればできます。Webサイト制作に30万、残りはちまちまPPC広告にでも使えばいいというわけです。コンテンツ量を一気に増やしてオーガナイズ検索でひろえる状態まで70万の広告費で耐え抜けば、あとは待つだけ!

というわけで、ややゲームせどりを薦める流れになってしまいましたが、基本的にはこの流れで、ぼちぼち会社を辞めて生活できるくらいの収入まではいくんじゃないかなと思います。


◆どう考えても、シルバー会員で充分です、ハイ。>せき塾

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes