ある日のカンブリア宮殿から学ぶ

カンブリア宮殿

結構カンブリア宮殿っていう番組で好きで、見てるんですよ。
似たような番組たくさんありますけど、私はカンブリア宮殿しか見てないですね。別に特に理由はないんですけど、村上龍がいいですね。なんかコメントがすごくいいなって思いますね。小池栄子も割と好き。小池栄子って結構作家とペアで出ることが多い印象ですね。
私の知ってる作家の人も小池栄子と共演してて、賢くて話しやすい人なので人気があるのではないでしょうかと言っていました。
小池栄子は、実家がゲームセンターなんですけど、けっこう私の実家も近いんですよね。まあ、だからなんだって話ですが。

それで、こないだカンブリア宮殿で、ピザーラをやっていたんですよ。こないだっていつだよって思うかもしれませんが、私は基本的にテレビをあんまりリアルタイムで見なくて、適当に録画をためていって、暇なときに一気に消化する感じなので、いつ放送されてたのかさっぱりわかりません。笑 もしかしたら大昔かもしれない。w

結構ああいうビジネス番組、なんかうさんくさいじゃないですか。顧客のためを思って頑張ったとか、競合が低品質なものを安く提供する中、職人の意地を見せたとか、ほんとかよみたいな(笑)。

ピザーラも、ストーリー的には、あんまり賢くなさそうな社長が、どんどん事業を展開してどんどん失敗していくんですよ。やるのはどれも飲食系のフランチャイズとかウーロン茶の輸入とかまあオリジナリティも何もない、典型的な走ることしかできない経営者みたいな感じなんですね。

それで10回失敗して、11回目にようやくピザーラでうまくいったみたいなストーリーなんですよ。
あきらめなければ、夢は叶う的なストーリーで、私もあきらめなければ夢は叶うと思ってますので、まあそれはいいのですが、ここで私なりに素直でない視点から色々考えてみようと思います。

挑戦するには金がかかる

そもそも私はこの番組を見て、思ったのが、「この人は10回失敗できる資本的な体力はどこにあったんだろう?」ということなんです。
そう思いません?コンビニはじめるのだって400万くらいかかりますよ。しかもコンビニは業界じゃ安く参入できると言われてますので、コンビニで10回失敗するには、少なくとも4000万必要です。そんなお金どこから出てくるんでしょうか。

借金って言っても、失敗続きの経営者に誰もお金なんか貸しませんし、消費者金融を使うっても、せいぜい100万円がいいところですよ。
だから自己資金で1回、借金で1回だとしても、せいぜい挑戦できるのは2-3回なんですね。

人生諦めるなとか挑戦を続けろとか言いますけど、そもそもそんなに挑戦できないんです。残念ながら。
ビジネスに関して言えば、まあ3回じゃないでしょうか。3回失敗したら、もう精神的にというか、経済的に無理じゃないかと思います。

私は一番最初にやったのはコンテンツ事業で、これは完全に失敗したんですが、トータルで30万ちょっとくらいしか損してないです。それ以降も0円でやれる事業というのにずっとこだわってましたから、基本的にあんまり損してないんですね。失敗って言っても、リリースできなかったとか、作ってる途中で資金が限界にきて途中で終わったとか、そういうのが多いですね。なので、結構石橋を叩いて渡るような感じだったのですが、そんな風にリスクが読める範囲で色々やるのもいいのですが、やっぱりある程度資金がないとうまくいくものもいかないんですよ。市場のニーズがあって、低予算でうまくいってもある程度ランニングコストみたいな準備しないと、うまくいく前に沈んでしまう。って考えると、やっぱり1回の挑戦に100万、200万、そのくらいは要るんじゃないかな。って考えると、挑戦は3-4回が限度じゃないかなと思うわけです。

では、ピザーラはなんで10回挑戦できたかっていうと、番組内ではそれについては触れられてなかったんですが、最初、商社を脱サラしてるんですね。商社は割とお給料のいい会社ですので、まあ資金は多少あったのではないかと。次に、母親が共同で〜みたいなシーンがあったので、たぶんお母さんから借りてるんでしょうね。最後に家を取られたっていうシーンがありましたので、家を担保にお金を借りていたんだろうと予想がつきます。ここまでやって、なんとか10回挑戦できたと。

そうだとしても、10回挑戦できないと思うんですが、いざ起業すると、結構知り合いとかできて、なんだかんだお金は調達できるようになるんですよ。不思議なもので。私も、基本的には自分一人でやってて、お金といえば、出しても50万とかそんな感じだったんですが、ある日、知り合いの知り合いがお金持ちで、出資先探してたから紹介しようかとか言われるんですね。それは偶然でしょとか思うかもしれませんが、そういうお金持ち紹介は2回ありましたね、なので、結構あるんじゃないかなあと思います。もちろん、出資された時点で、もう自由ではありませんし、会社員的なストレスにさらされることもありますが、まあ色々やるなら人のお金でやってみるっていうのはすごくいいことじゃないかなと思います。

経営は下手でいい、戦略なんかくそくらえだ!

ピザーラは経営が多分下手だと思うんですね。なんかこういうところがすごいみたいなシーンが必ずあるんですけど、そういうのあんまりなくて、とにかく色んな事業に手を出してるみたいな感じだったんです。そういうのって逆に好印象で、多分あの社長は食べ物が好きで、色々やりたいと思うんです。ノープランで多角化するっていうのは経営戦略的に一番やっちゃいけないと思うんですけど、戦略とかいう前に、やりたいやりたくないっていうのがあると思うんですね。

私も、実は探偵事務所をあらたに開業する予定なんですけど、完全にノープランで、なんかおもしろそうだなっていうだけなんですよ。前に占いもやってたんですけど、これもノープランで、なんか占いとか探偵事務所とかうさん臭くておもしろそうじゃないですか。儲からなくていいんですよ、ただやってみたいっていう欲求を満たすだけっていうか。そういうの経営するひとつの楽しみだと思いますし、あんまり勉強しすぎて、占いと探偵は関連性もないし戦略的によくないとかいう前に、まあやってみようやおもしろそうだよっていうくらいでいいんじゃないですかね。

私はうさん臭いものがすごい好きなんだけど、こないだ友達に、いまこんな事業やってるとか言ったら、「本当にうさん臭いものしかやらないね。ばらばらなようで逆に筋が通ってて、すごくいいよ」って言われて、たしかにまともな事業がないなと思ったこともあります。まあまともなのもあるっちゃあるんですけどね。ネイルサロンとか。ネイルサロンは、ホームページつくって力尽きたので、誰かネイルサロンやりたい人いたら、ホームページをカスタマイズ済のがあるので、差し上げるとは言わないまでもドメイン付きで売ってもいいです。笑

飲食店をやりたい

飲食店って、お金もかかるし、赤字になったからってすぐ辞めるわけにもいかないから、なかなか参入しにくいですよね。
特に飲食店で働いてたわけでもないから、色々手探りだし、ノウハウもないのに、ちょっとやってみようかとはなかなか難しい。
マイナーとかちょっと怪しいものなら、そもそもノウハウも大したことないからちょっと調べたらわかるんですよ。しょぼい業界だから。情報商材とか占いとかアフィリエイトとか全部しょぼいですよね。業界的に。それに比べて、食べ物はギリギリのマーケティングで98円か97円かみたいな世界じゃないですか。情報商材みたいに、なんと99%今だけ!100万円がたったの1万円とか、冷静に考えるとありえないですよね(笑)。飲食はプロがたくさんいますから、なかなか厳しい。適当に私が「激ウマバーガー 500円」とかだしても、ものの数日で、「あそこはまずくて高くて不衛生な店だ」って近所の噂になってしまいます。それくらい難しい。

だからやるならそんなに儲からなくてもいいから、FCとかで、ちょっとトントンを目指してやってみたりとかしたいですよね。
私の和民!とかいいじゃないですか。なんかそれだけで。「和民 みのり六本木店」みたいな。
あ、知ってます?お店の**店って自由に決めていいんですよ。例えば、セブンイレブン代田三丁目店とかあると思うんですけど、この「代田三丁目店」の部分は変えていいんです。「みのりウルトラ店」みたいに勝手な名前にしてもいいし、「代田三丁目みのり店」みたいに地名+名前でもいい。あるいは本当は代田橋にあるけど、インパクトが弱いから「下北沢南店」にしようとかでもいいんですよ。さすがに、埼玉にあるのに「東京六本木店」とかだめかもしれないけど、そのあたりは自由なんです。いいじゃないですか。夢がひろがりますね。

飲食店をFCでやったら、店長やとって、バイトを雇うわけです。店長は自社から出すか、友達に声をかけるかして、バイトは普通に雇うわけです。その中で、なんか一緒にいて楽しい人とかいたら、店長とそのバイトで、FCで学んだノウハウを活かして、0から飲食店をはじめるとか、いいですねー夢ばっかりだ。ちなみに和民も最初「つぼ八」のフランチャイズなんですよね。で、和民の社長は、つぼ八の中で一番の売り上げをだして、何店舗もやって、成功したオーナーみたいなところから和民をはじめてるんです。こういうのもアリなんです。

ちなみに和民ってカタカナで書くと、ワタミですよね。
社長の名前が、有名な渡辺美樹じゃないですか。ワタナベミキ。名字の頭二つと下の名前を一文字とってワタミ。これを漢字を充てて、和民になるんですね。へーって感じでしょ。そうでもないかな。

こういうフランチャイズの逆襲みたいな会社って結構あって、例えばYahooはいま検索エンジンにGoogleのプログラム使ってるんですけど、最初はGoogleがYahooのプログラムを検索エンジンに使ってたんですよ、もちろんお金払って。これは大逆転ですよ。山崎豊子の「華麗なる一族」みたいですね。小が大を食う合併です。

あとは現代自動車っていう車のメーカーも、最初は三菱自動車と技術供与契約っていってフランチャイズみたいな感じだったんですけど、その後、大成功してますよね。私はあんまり車よくわかんないんだけど。

こんな風にフランチャイズは、スタート時の経営ノウハウもお金も何もない人にとって結構いいですよねー。
なんかやりたい人っては、私もやりたいので、折半ではじめてもいいかなって感じですね。
っていう風に書くと、結構、じゃあ一緒にやろうってなりますし、とにかくノープランでも起業して、とりあえずなんかやろうみたいなノリでも仲間は集まってくるものです。

あとがき〜ピザは高い〜

ピザってみなさん頼みます?
私は滅多に頼まないんだけど、まず高くないですか?
2500円とかするし、そこに飲み物とか入れたらもう3000円ですよ。
昼食に3000円も出せないなあーという感じで、いつもチラシを見ては、いったん悩んで頼まないっていうのが多いですね。

このカンブリア宮殿みたときも、無性にピザーラ食べたくなったので、頼もうかと思ってネットで検索したら、「いやいやいや、高いなあ」と思って、結局注文せず(笑)。

おいしいんですけどねー。1500円だって、高くて頼むか迷うのに。2500円なんて、冗談じゃないですよ。
収入がもう一桁あったら昼からガンガン、ピザとか頼めるんですけどねー。
やっぱりお金だなあ。。。。ピザ食べたい、思う存分!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes