絶対デビットカードがお薦め

最近デビットカードに変えました。
元々ずっとデビットカードにしたかっただけど、機会がなくて(というか面倒で)やってなかったんだけど、ついにデビッドになりました。
めっちゃ嬉しい!

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードって何かっていうと、即座に口座から落ちるんですよ。
だから10万円の買い物をした瞬間に、預金口座から10万円落ちるんです。
これいいでしょう!
金持ちは、原則先払いですよ。最悪、同時引き落とし。後払いなんかもってのほかです!

しかも、クレジットカードは実質的にはお金借りてるのと変わらないから、審査があるんですけど、デビットカードなら審査はありません(そうらしい)。これならクレジットカード作れない人も安心して作れますね!

金持ちになりたいなら、常に先払いせよ!

私は小さいころから常に、「常に現金で、常に先払いをしなさい」と言われて育ちました。
それは今思うと本当によかったと思います。
実は我が家は、持ち家なのですが、家も一括で買ってるんです。どんだけ金持ちなんだよって感じがしますが、徹底してますよ。まさかのローンなし!っていう。しかも、おばあちゃんが買ったんですけど、買ってすぐ死んじゃったから、お父さん丸儲けですよ(笑)。
すぐってことはないか。5年くらいですかね。

お父さんも近所のサラリーマンよりは稼いでましたから、それで家賃なしですから大儲けです。お蔭さまで私も、お嬢様学校に通いながら、並々ならぬ大金持ちのお嬢様に負けずと、恥ずかしい思いをすることなく青春時代を過ごせたわけです。感謝!

東京の私立はすごいですよ。大学じゃないですよ、中学、高校。
親が医者っていうのがクラスの25%くらい、いますし、苗字と親の勤め先が同じだったりしますし、会社員だとしても、みんな大企業です。
私の友達で、親が食堂やってるとかいうから、随分貧乏くさいなと思って遊びにいったら、渋谷のド真ん中に安っぽい食堂があって、それをやってるんですけど、ビル全部その人のもので、家賃収入だけで親子三代ニートでやっていけますみたいな。だからその食堂はすごい安くて良心的なんですよ(笑)。もうそれやらなくていいよって感じなんですが。
あそこで演説してる人、xxちゃんのお父さんだよーみたいな。お父さん街頭演説してたら嫌だろうなーみたいな(笑)。

話題を戻して。

後払いってやっぱり忘れちゃうんですよ。
「今月あと5万かあ……」とか思ってたら、突然クレジットカードの引き落としで、その5万が一瞬にしてカラになってしまう。
これは恐怖ですよ。

もちろん、テクニック的に敢えて後払いすることで乗り切る局面もありますよ。
でも、それは本当に最終手段です。それを常態化したら、貧乏一直線です。

支払いは常に先にする。基本中の基本です。

これからクレジットカードで買い物をする時代

とはいえ、これからはネットで買い物するんですから、クレジットカードないのでは話になりません。
特に私はクラウドソーシングサイトすごい使うんですよ、ランサーズとかクラウドワークスとか。
毎月ここからの請求だけで20万くらいきますから、クレジットカード使うなとか言って、毎月20万円使ってプラチナカードの招待とかきちゃってるよみたいな状態なんですよ。
それ以外も、アマゾンとかクレジットカード使わざるを得ないですから、どうしてもカード分が多くなってしまう。
私のカードの明細が紙が4枚分くらいになってますからね。

Amazon
Amazon
Amazon
Amazon
Amazon
Amazon……みたいな。

しかも何買ったのかわからないし。だいたい本なんですけど、チェックしようがない。これは困るわけです。

外注サイトは単価が高いから覚えてるんですよ。アプリ作るのに20万、HPで10万、あとライティングスタッフと時給で働いて貰ってるSOHOがいて、全部で50万くらいかとか覚えてるんです。だからきちんと今月は50万減るぞとか覚えてるんだけど、Amazonがもう1クリックで買えますから、何も覚えてない。Kindleで電子書籍買うときなんかコンプガチャの如くガンガン行きますからね。コンプガチャといえば、私はパズドラとかもしてるので、魔法石代も請求がくるわけです。いちいちituneカード買うの面倒ですからね。10万円分とか売ってればいいけど、ちまちま3000円ずつなんか買ってられません!そもそもコード入れるの面倒だし。

そうすると、もういくら使ったかわからないし、今月の反省のしようもない。
これじゃあダメなんです。

デビットカードなら即落ちしますから、安心です。
買った頃には口座からお金減ってますから、預金口座を見たら、いまの所持金がわかるんです。こんなに安心できることはありません。
クレジット払いだと、預金が100万あっても、明日には50万なくなるかもしれないし、70万かもしれないし、最悪110万とかなくなって赤字になるかもしれない。それじゃあ困るんです。

だから、このオンライン時代だからこそ、デビットカードです!
みんなもデビットカードにしよう。お金持ちへの特急券です。

みんなで飲みにいったらクレジットカード払いがお得!のウソ

よく言われることだけど、みんなで飲んだときはクレジットカードで払うと得とかいうでしょ。
あれウソですよ。絶対やめたほうがいい。

私の友達にもマイルたまるから払わせてくれっていうのがいるんだけど、私が見る限り、会計なんか適当だから払ってないのが何人かいるし、その負担ってそのカード払いしてる人に全部行くわけじゃないですか。

私はどんなに酔ってても、誰がいくら払って、誰がいくらチョロまかしてるか全部覚えてます。
「あっ、あの女、いま便所行ったぞ!」みたいな。脳裏に焼き付いてる。だいたいフリフリしたスカート履いてるのは会計のときになるとトイレに逃げていきます。すぐさまに追いかけて財布を取り上げるべきですが、誰もそういうことをしない。赤ら顔で、「いいよいいよ、お金なんて~」とか言ってる。これじゃあダメだ!私はそういうのを見るたびに、脱走に気付いた刑務官さながらに「Escape!!!!!(脱獄だ!!)」と叫びたいくらいです。

だいたい、トイレに逃げ出すタイプと、ニコニコしながら「ごちそうさまです~」とか言って、愛嬌で逃げるのに分かれる。
あとは少し慎重な、女性陣が明らかに払わないムードになったのを確認してから財布だけ出して「私はいくらですか~?」とか言って、鼻の下を伸ばした男が「いいよ、いいよ」とか言うと、さっさと財布をしまう「逆居合抜き」型もいます。まあ、強いて分類するなら私も「逆居合抜き」型なのですが、私だけ「私は払います!」とか言っても、なんか政治的な主張があるみたいで雰囲気悪くなるから、「へっへっへ、すんませんなあ」と下品さを露骨に出しながら結局出さないわけだ。ただ、お金はきちんと出すべきだと思います。

奢られたら、奢られた金額を貯金せよ!

出さないなら出さないでね、「今日はxx円ごちそうになった」ってその金額を貯金すべきです。
例えば、本来一人3000円払うところをご馳走してもらったら、その日、お菓子の箱にでも3000円いれておくんです。で、付箋に「山田さんに3000円ご馳走になった。3/30 和民にて」とか書いておくわけ。そうしたら忘れないし、半年経って、「私は山田さんに3000円、和民でごちそうになりました。このドトール代は(安っ!)私に払わせてください」とか言えるでしょう。そうしたら、ものすごく印象いいんですよ。ああ、すごい律儀だし、覚えてるんだなあって。しかも、おごられてもおごられなくても3000円は減るんだから、肌で飲み会高いなあとか思えるし、そうしたほうがいいんですよ。

そもそも人のお金で飲み食いしてる人って、金銭感覚がだめになっていくんですよ。私はいつもまずいお酒を飲んで4000円とか払った時は、どんなに酔ってても「今日は無駄遣いをした…今日は無駄遣いをした…今日は無駄遣いをした…」ってぶつぶつ言ってますよ。それぐらい執着しないとダメです。

だいたい飲み代って4000円くらいじゃないですか。時給1000円のフリーターだったら、半日分ですよ。だったら酒なんか飲まずに半日働いて、家に帰って勉強でもしてたほうがずっと有意義じゃないですか。倍の時間働いて、べろんべろんに酔っ払って、いいことなんかひとつもないですよ。

というわけで、このBlog見てる人は、主に男性だとおもうんですけど、もし女性がいたら、奢られたら、そのお金は必ずプールすることを薦めます。男性も同じで、先輩とか社長とかに奢られたら、それを使ったと思って貯めるんですよ。そうしたら、キャバクラ高いな、キャバクラちょっと我慢するだけでもう起業できちゃうじゃないかとか思うんですよ。女と話したら、従業員で可愛いコ雇えばいいじゃないですか。日給8000円で可愛いコなんかいくらでも集まりますよ。キャバクラよりよっぽど安いですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes