Facebookの活用法の考え方について

最近結構多いと思うんですが、自分のサイトにFacebookの小さい「いいね」ページつけてる人いますよね。
大手のサイトでも、たくさんありますよね。

例えば、A8.netというASP最大手のサイトがありますが、ここもトップページに「いいね」をつけられる箇所がありますよね。
※ちなみに、私、久しぶりにログインしようかと思ったら、「このログインIDの方は退会しております」とか表示されてしまって、ああ、私、退会してたんだと思いました(笑)。A8は、まず稼げないですね。だからって他が稼げるわけでもないですけど。アフィリエイトはリストとってメール送りまくる以外は結構厳しいと思います。その理由は、そのうち詳しく話しますが、そもそも人気サイトを作ること自体が難しいし、それ以前にサイトを作ること自体がいまは難しいです。ただhtmlいじれますっていうだけじゃ素人丸出しのサイトしかつくれませんし、最低でもcss。特に最近はWordPressでやるのが主流ですから(そうじゃないと大変なので)、phpの知識も必要ですよね。もうはっきり欲望しかない凡人にはツラいです、アフィリは。

で、A8netを例にだすと、ここにイイネ!ボタンつけてる人って、普通に考えたらアフィリエイトに興味ある人たちですよね。
しかも1800人もいます(2013年2月18日現在)。

これーー……いいカモですよね(笑)。

他にも、ダイレクト出版のFacebookとかこのあたり、明らかにオイシイ層しかいないですよね。

Facebookはこういう風に使うのが基本的な使い方だと思います。

まあ、実力のある人は、「なるほど」と思ってすぐリストを増やせるでしょう。
ピンとこない人には教えません。こういうのは使い方が大事ですから。

あとは、スプリットテストするくらいか>FBの使い方

◆スプリットテストに関してはこれ以上ない素晴らしい本がありますので私は解説します。ペリー・マーシャル素晴らしい!

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法

お客様の声より

良書であった。思わず 世界一売れたアドワーズの本の方も 読みたくなった。 ボリュームがあるのも嬉しい。
何より文章が読みやすく センスがあった。 ダイレクトの本は たまに翻訳がひどいものがあるが この本は読みやすさという点でも ピカイチだった。

まさにそれ!ペリー・マーシャルの本は実用的でしかもセンスがある。素晴らしい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes