googleアルゴリズム変更により、ツールによるサテライト記事はSEO効果ゼロ……なのか!?

googleアルゴリズム変更により、ツールによるサテライト記事はSEO効果ゼロですというタイトルのメールが届きました。
まあ業者の広告メールなんですけれど。

Googleは去年の7月にどうも大きなアルゴリズムの変更をしたらしく、ITに詳しい人によれば、いわゆるスパムめいた方法で上位表示させていたサイトが軒並み順位が下がったとのことです。

そもそも、グーグルでの検索順位はどのように決定されるのか、ちょっとおさらいしてみましょう。

大きく分けると、内部評価と外部評価にわかれます。
内部評価というのは、サイトがどのくらいボリュームがあって、キーワードと親和性があって、ソースコードがキレイなのかというところを評価します。
外部評価というのは、何個のサイトからリンクをもらっているか(被リンク、バックリンク等といいます)。

例えば、このBlogからあるサイトAにリンクを貼りますね。そうするとサイトAはバックリンクを一つ手に入れたというわけで、Google君は評価をあげてくれるわけです。リンクを貼った私には何ら評価はありません。そりゃそうです。リンクなんかいくらでも貼れますから。

そうすると、例えば、自分でサイトを100個も1000個も作って、全部同じサイトに向けてリンクを飛ばしたら、そのサイトはものすごい数のバックリンクをもらって一気に上位表示されますよね。こういうやり方をサテライトといいます。

サテライトそのものは、何も悪いわけではなく、例えば、私が100個のブログを一所懸命やって、ひとつのサイトを押し上げたりするのは、自作自演といえば自作自演ですが、まあそう一概に悪いとも言えません。

しかも、何かで話題になって、ある日、色々なところからリンクをもらったとしたら、私のサイトはやはり見る価値がありますし、上位表示させたほうが(Googleの)ユーザーも満足します。例えば、私が凶悪事件の容疑者で、みんなが私の日常に急に興味をもちはじめたとかね。

したがって、Googleがバックリンクに対する評価をやめることは絶対にありえません。

参照数、引用された数で論文を評価するのは学術の世界ではずっと行われていることですし、この方法が有効でなくなることはありえません。
したがって、一部のアンチSEO派が言うように、「もはやバックリンクは意味がない!」というのは半分嘘です。

ナウいSEO知識その1
#バックリンクは今もなおその有効性を保っている

ナウいSEO知識その2
#したがって、どんなにGoogleがアルゴリズムを変えたところでサテライトによるSEOが意味がなくなることはない

しかし、問題は、どこからバックリンクをもらっているかということです。
アンチ(自作)SEO派の人は、自作自演的なバックリンクがマイナスの効果がある言いますが、おそらくあからさまな自作自演バックリンクの増加によって押し上げていてサイトが軒並みやられたのは事実でしょう。

しかし、「あからさまな自作自演バックリンク」の程度が問題です。
中には、ツールによるワードサラダ(ツールを使って文法的に正しい意味不明な文章を作ること ex.夏だし暑いから海に行こう、夏だし暑い海に行こう、海だし暑い夏に行こう……)という荒いゲリラ的なやり方で記事を山のように書いたり、記事がひとつしかない糞Blogを大量に作ってそこからリンクを飛ばしまくるという手法をとっているところもあったでしょう。
これらはたしかに危険です。しかし、自作自演におびえるあまり、つまらないことを気にしだして、できるバックリンクもバックリンクをもらわないように注意をする。これは本末転倒です。
そんなことをしたら、ライバルサイトに、クソみたいなリンクを飛ばしまくれば潰せることになってしまいます。

そういうわけであまり情報に振り回されず、かといって、誰がどう考えてもそれはダメでしょみたいなことはやらないという範囲で、せこせこSEOをやるのがいいのではないでしょうか。

情報に振り回されるのも、「情弱」の証拠です。
あなたみたいな人を悪質な業者は狙っているのです。

とはいえ、私の経験上、「バックリンクを貼ります」というSEO業者は例外なく劣悪ですので、絶対にやめたほうがいいです。
そもそも関連性のないバックリンクと関連性のあるバックリンクでは全然評価が違います。
たとえていうなら、このサイトがエステサイトからバックリンクをもらっても何の意味もないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes