MacBookAirをレンタルして大儲け!

MacBookAir欲しいんですよ。
で、そんなに高くないし、買おうかなって思ってたんですけれど、なんとなくMacのOSが嫌いなんですよ。だって、電気屋でちょっと見たら、なんかiphoneと同じじゃないですか(笑)。
じゃあWindows入れればいいんですけれど、せっかくMacだし、Macといえば、ゴミ箱にファイル捨てる動作ひとつとってもカッコイイのが売りじゃないですか(私はそう思っている)。だから、MacにWindows入れたら、ただの軽いだけのパソコンになるし、別に他のでもいいかなーなんて思うわけです。

そこで、1か月くらい貸してくれればいいのに、と思って検索してみたら、あるんですね。
レンタルパソコンというものが。

そりゃあそうです。時代は何でもレンタルです。会社のパソコンもリース契約じゃないですか。

こりゃあいい、早速借りようっと、、、、とサイトをみたら……高い!!

何、この価格!

超ぼったくりなんだけど!!

見てください、この価格!

法人パソコンレンタルe-TAMAYAさん

◆MacBook Air 11インチ
OS:10.7 Lion

1週間 7000円
1か月 13,000円

高い、高い。しかも法人でこの価格って。誰がこの価格で借りるんですか。しかも1台からOKって、法人相手にしてる意味あるんかい(笑)。

しかも、、、送料2500円!

ということは、合計すると、

1週間 9,500円
1か月 15,500円

しかも、個人でもOKとなると、1泊2日で6000円。ま~じ~で!! ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ

なぜこのサービスは価格が高いのか

ところで、どうしてこのサービスは価格が高いのでしょうか。
とても簡単ですね。競合が少ないからです。

だってMacBookAirなんていま10万円ちょっとで買えるんですよ。
それが1泊2日6000円って……。

1か月貸せばペイできちゃう計算です。3000万で買ったマンションを家賃200万で貸してるようなものですよ。

そこで、「キーッッッ、足元見て!悔しいわね!!」なんて言っててもしょうがないので、レンタルは諦めて、MacBookAIrを買います。それも10台。あとはこれを貸すだけです。これができる人の考え方です。文句ばっかり言わない。文句を言うぐらいなら、自分がそのビジネスモデルをパクる。

このお店は色々なパソコンを扱ってますが、当面はMacBookAirのみとし、MacBookAir専門店にします。
どうせ広告はPPC広告でちまちまやるわけですから、専門店のほうが広告スコアも高くなって、広告代も安くなります。最低を1泊2日4000円くらいにするのであれば、顧客の獲得単価は4000円まであげていいことになりますね。後は「MBA レンタル」とかどう考えてもマッチする検索ワードをターゲットに入札しまくります。何も調べていないのでわかりませんが、クリック100円くらいが1stBitでしょう。ということは品質スコアとかCV率との兼ね合いを考えれば、50円くらいで入札しておけばいいわけです。そうすると、100クリックで5000円。このぐらい、マッチしたキーワードであれば、はっきり言って10%近くCV率出ますので、100クリックで5人くらいは利用すると考えられます。ボロいですね。

MacBookAir専門のレンタルにするメリット

1.大量に買えば、安くなる(かも)。

これはあらゆる商売の基本ですが、ただ、Macは安くならないかもしれません。なんかMacって価格下がらないですよね。だから、多分大量購入による割引購入みたいのはできないのかもしれないですね。ですから、人気のあるパソコンがあるならMacじゃないほうがいいかもしれませんが、おそらく特定の商品ひとつで勝負するとなれば、やっぱりMacが強いのかなと思います。
友達で家電量販店で働いている人がいるのですが、従業員割引もApple商品は適用外だと言っていました。

2.LPが作れる

商品すべてにLPを作るとなると、とんでもなくお金がかかります。
この点、単品であれば、MacBookのLPをひとつつくればいいわけです。
LPのみでもよさそうですが、そうすると、必要事項の説明とかもLPに盛り込まないといけないので、Lpとしての広告パワーが弱ります。
ちなみにLPの製作費は文章とセットで10万~20万ってとこでしょうか。ケチれば、5万円でいけますが、ここはケチるべきではありません

3.PPCとの相性が非常によい

Macbookレンタル専門店の場合、どのキーワードに入札すればいいのか、うちのバカ犬でもわかります。「Mac レンタル」とか「MacBook レンタル」とか「MBA リース 個人」とかに入れればいいですね。超簡単です。入れる単語は少ないので、それだけ予算が投入できます。しかも、うちは他の何でも屋と違って、Mac専門なのですから、品質スコアも高くなります(*1)。結果、入札価格がヘボくても、Googleはしっかり表示してくれますし、CTRも高くなりますから、広告単価もどんどん安くなっていきます。しかもCV率も高いでしょうから、顧客獲得にかなり費用を出せます。他の広告なんか一切出さなくていいですね。PPC広告を出すためにあるようなビジネスです。

4.ニーズにあわせて事業展開ができる

例えば、これをやっていて、「Let’s noteはないんですか?」という問い合わせが多かったとします。そうしたら、Let’s note専門店を作ればいいですね。やり方は同じです。問い合わせありきではじめるので、まず、外しません。

5.注文が入ってから買えばよい

はじめに何個買えば迷うかもしれませんが、迷う必要はありません。注文が入ったら買えばいいのです
あなたは街を歩いてて、「あ、注文入った」とiphoneで確認したら、すぐ新宿のヨドバシカメラで買ってくればいいんです。Amazonでそのまま申込者の住所に送ったっていいんです(早い上に完全に新品っていうw)。
予約も、あらかじめ申し込みから3日後以上の日で、希望のお届け日を書いてくださいって書けば、あとはゆっくり受注してから買いにいけばいいわけだ。余ってるのは1日限定キャンペーンとかでちょっと安く貸してもいいし、うまいこと何かとセットで貸し付けてしまえばいいわけです。

6.濃いリストが手に入る

パソコンを個人でリースする人ってあんまりいないと思うです。普通、買うでしょ。ということは、パソコンを借りる人って、常に新しいパソコンを使い続けたい人か、超飽きっぽいパソコン大好きな人か、どっちかなんですよ。どっちも同じようなものですが。共通してるのは、この人たちはMacが好きなんじゃなくて、リースが好きなんですよね。わかります?だってMac信者なら買うでしょ。TSUTAYAと同じです。TSUTAYAで超新星(韓国の男アイドルグループ)のCD借りまくる人って超新星の大ファンですか?違いますよね。大ファンなら買いますよね。現に私もアリプロのCDは買いますが、超新星は買いません。超新星は好きだから借りて聴きますが、アリプロは信者だから買うんです。お金を払わないと気が済まないんです。ということは、超新星をまとめてレンタルする人って、たまたま何かのきっかけで超新星のファンになった人で、ディープな層ではないですよね。この人に、「超新星の新作でましたよ」とか言っても、もう興味ないかもしれない。でも、この人は絶対、次に夢中になったものもTSUTAYAでレンタルします。レンタルをする人だから。
これと同じなんですよ。MACをレンタルする人は、MACが好きなんじゃなくて、レンタルが好きなんです。

ということは、ここで手に入ったリスト。あなたが今後展開するのが、Let’snoteだろうが、オーディオ機器だろうが、タブレットだろうが、全部対象になりますよね。これは大きいです。最強のリースマニアのハウスリストができあがります。

これでガッポガッポだ!
ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ ლ(๏‿๏ ◝ლ

※この顔文字、最近ハマってるんです。

7.もう既にあるビジネスモデルである

多分、同じビジネスがなかったら、多くの人がこうい言うと思います。
「借りパクされたらどうするんだよ!」
こういう人は経営のセンスがありません。答えは、「別にいいジャン」です。これだけ暴利で貸してるんですよ。ちょっと計算したら、2台か3台パクられたくらい痛くも痒くもないでしょう。しかもパクる方は、「レンタルし続ける」わけですから、これはかなり怖いです。皆さん、TSUTAYAのものを借りパクしたことありますか?ないでしょう。普通、しないんです。怖いから。私は、夢で、1年前に借りてたTSUATAYAのCDを部屋の片隅から見つけて、ゾッとする夢をみたことがあるのですが、こういうのこわいですよね。だから、普通はしません。10人に1人くらいするかもしれませんが、別にいいんです。サラ金と同じです。回収できないリスクは、きちんと返す善人にリスク分の価格を上乗せすれば済む話なんです。

しかも、もう既にあるビジネスモデルということは、1回MacBooKAIRを借りてみて、提出しろと言われた身分証の種類とか約束の書面とかそういうの全部コピーして、まんま同じことをやればいいわけです。
予約送信後のメールも全部保存。もう宝の山ですよ(笑)。あなたはMacBookAir1泊2日6000円のサービスに申し込むことで、MacBookではなく、事業のノウハウを買ってるんです。Macなんか届いた日に、そのままヤマトの人に返しちゃえばいいんです(笑)。

既にあるビジネスは何が楽かっていうと、まんまパクればいいわけですね。

というわけで、今日はこのへんで。

かかる費用

◆MacBookAir代
10万円×2=20万円
当面は2台でいいでしょう。

◆MacBooKAirレンタル代(別名ビジネスモデル丸パクりセット)
送料入れて1万円くらいでしょうか。
延滞しないようにネ!

◆LP製作費
10万~20万。
はじめは10万円の格安業者でいい気がします。
そもそも台数も少ないのに、CV率高くなって、大量にMacBooKAir買わなきゃいけないハメになるのもつらいとおもうので。
できれば1台をぽちぽち入る注文で回したいので、そこそこのLPでいいでしょう。目標CV率7%くらいで。
このあたりはどのくらいの規模でやるか、ですね。

◆PPC広告運用費
これは予算月3万くらいでいいと思います。
2台で運用するなら、月1万円でいいかな。
あとは貸してる期間は広告出さないことで、うまく安く運用できたらベストですね。

◆HP製作費
これも全部外注しても10万円でお釣りがくるでしょう。
LPさえ立派なら何でもいいので、5万円くらいでお友達とかフリーランスの人につくってもらえたらいいですね。
完全に外注ノウハウもなく、友達もいなくて、Web何もわからない状態で業者に頼むと30万くらいとられてしまうので注意です。しかも月額で維持費とられます。まあ、ここ見てる人なら私にメールでもしてくれれば、安く外注する方法くらいは教えますよ。あるいは安い業者を紹介します。

◆トータル
WeB制作(HP+LP)で30万。Mac2台で20万。初期費用50万。
ランニングコストがPPC広告の月1万~5万くらいですが、大赤字になっても3万円の広告費で注文0とかそんなパターンでしょう。大コケはありえません。注文がちょっとでも入れば広告費は確実にペイしますので、赤字可能性はほぼゼロです。
後は、MacBook代をどのくらいの早さで回収するかというところだと思います。あんまりノロノロしてると新しいパソコンが出ちゃいますからね(笑

◆レバレッジをきかせる方法
1.MacBookをはじめは1台も買わない。
2.注文が入ったらMacBookを買う。クレジットカードの分割払いでMAX分割で払う。10回払いとか。
※複数台買うわけですからリボ払いは絶対にやめましょう。
3.注文が入ってかつ手元にレンタルできるMacBookがない場合のみ、分割で買う。これで必要最低限のMacBookの数で回せます。機会損失もなし。
4.売上金の半分くらいはせめて月々の支払いのためにプールしておく

これで20万くらいでスタートできますね。Web製作費とかも全部分割にすれば、ほとんどお金なくてもできるかもしれない(笑
わざわざ信用金庫にいって、頭を下げる必要は全然ないわけだ。

じゃあ、こんなところで~。
ლ(๏‿๏ ◝ლ

*1品質スコアとは――Googleアドワーズでは、広告の掲載順位は単に料金で決定されるのではなく、広告文章とLP(広告をクリックしたら飛ぶページ)との適合性から判断されます。詳しくはペリー・マーシャル先生の書籍で学びましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes