仕事が面白ければ金は後からついてくるのか

ちょっと長いけど、ダイレクト出版の寺本さんが書いた文章より引用。
割とおもしろい話題だと思うので。

テーマは、「仕事が面白ければ金は後からついてくる。」のか??

From:寺本隆裕

おかげさまで、このビデオが最近とても流行っています。

見た人からは結構評判で、特にセールスライターは絶賛してくれてるんですが、やっぱり世の中に拡散すると面白いもので、中には色んなネガティブなコメントも混じってきます。

その中で少し気になったものがあるので、あなたと一緒に考えてみたいと思います。
(ビデオまだ見てないなら、まず見てね。そのほうが話に入れると思うので(笑))

このビデオでは、サラリーマンの将来の閉塞感に絶望してセールスライターになり、経済的な自由を手に入れて、将来への不安を消し去った男の話をしているのですが、これを見た何人かの人から、メールをもらいました。

要約するとこんな感じ。

******************
話の順番が違う気がする。仕事が面白ければ金は後からついてくるだろうし、金があっても仕事がつまらなかったら、いずれ金を失うと思う。
******************

さてさて。
あなたはどう思う??
賛成?
反対???

僕の意見としては反対。ぶっちゃけ、こういうのはキレイ事だと思う。

「仕事が面白ければ金は後からついてくる。」

これは耳障りもいいし、そう「信じたい」という気持ちがある人がいるのもわかる。

でも、実際にお金がついてくるかどうかは、提供した価値の多さで決まるわけであって、仕事をしている本人が面白く仕事をしているかどうかは、関係がないことだから。どれだけ面白く仕事をしていても、受け取る側が価値を感じなければそれはお金にはならないし、逆に言えば、価値を提供するために必要であれば、面白くないと思うような仕事もしなければいけない。

また、これは真実として、選ぶビジネス。選ぶ職業。選ぶ顧客。などなどによって、提供できる価値の量にも違いが生じる。
そしてそれは、ついてくるお金の量にも違いが生じるということを意味する。

セールスライティングは、書いたコピーを一度に大勢の人に見せる事ができるため、価値を「レバレッジ」できる仕事という意味で、必然的に、得られるお金も多くなるという職業やキャリアのひとつだということだ。

もちろん、お金というのは単なる一つの価値観なので、お金を稼いでるからエライとか、
稼いでないからエラくないとか、かっこいいとかかっこ悪いとか、そんな話はどうでもいいのだけど、

つまり事実として、得られるお金は、提供できる価値の多さで決まる、ということ。

「仕事が面白ければ金は後からついてくる。」というのは幻想だ。

と僕は思うけど、あなたはどう??

寺本隆裕

仕事が面白ければ金は後からついてくるのか

これに関しては結構仕事の種類によると思うんですよね。
受注の仕事に関しては、割とおもしろいと思えるなら、お金は後からついてくるというのは私はあるんじゃないかなと思います。

例えば、あなたがWebデザイナーだったとします。
Webデザイナーって世の中に掃いて捨てるほどいるし、あなたも自分の胸に手をあてて考えてほしいのですが、腕が超一流なのかといえばそうではないはずです。
そうすると、どうしてもクライアントの無茶な条件に対応していかなくてはいけません。

ダイレクト出版的には、強気の交渉、つまり、ニッチなWebデザイナー(**HP専門とか)で、そこで名声を得るっていう方向になると思うんですが、そうそうニッチな市場なんてないし、ニッチな部分を見つけようとしても探しても、そもそもその分野に詳しくもないし、興味もない。これじゃあうまくいかないですよね。

だから、ある程度は、我慢して「普通の」Webデザイナーをやることにはなるかと思うのですが、じゃあ逆にどうしたらWebデザイナー(に限らず受注の仕事は)成功していくのかというと、こんなパターンがあると思います。

あるクライアントから安く仕事を受けることになった。
仕事をしたらクライアントが満足した。
リピートがあった。
クライアントが儲かったので、単価があがった。

こんな感じだと思うんですね。
もちろん、この流れはシンプルすぎますが、例えば、あなたが「今まで5万円でやってたけど、基本は10万円でやってるから10万円でやりたい」と言い出したら、クライアントは「わかりました。次から別のWebデザイナーに頼みます」と言うでしょう。でも、あなたがそのクライアントの仕事を何度も受けてて、そのクライアントの好みとか性格とか全部知ってたら、そのクライアントはきっとあなたのところに戻ってきます。「あのデザイナー、腕もいいし、料金も安いけど、なんか好きになれない」こんなことはいくらでもあります。

そうすると、どうしても最初のクライアントはむちゃくちゃな条件から、性格だとかWebに関する知識、仕事に対する対応なんかを少しずつ理解するということになります。だから最初は例えば、1ページ1万円で、「まあいいか」と思っても、結局やり直しがあまりに多くて、時給400円くらいになってしまったなんていうことはあると思うんですね。

そこで差がつくのが仕事の好き嫌いです。
コーディングが嫌いな人は、そこで「このクライアントはハズレだった。次はWebにある程度理解があって、こちらがバカをみないように、条件を細かくいれておこう」と思います。コーディング作業がある程度好きで、やり直しも料金度外視で前向きにとらえられる人は、「なるほど、クライアントってのはWebのことは全然知らないんだな。それならいっそのこと細かい見積りを先に出すのはやめて修正込で一括20万円にしてみようか」などと考えます。

もちろんこのやり方で、延々とタダ働きさせられることもあるかもしれません。
前者であれば、損はしません。入ってきた仕事は確実にプラスになります。安定した収入にもつながります。
後者は、損はするかもしれませんが、紹介で仕事がくるかもしれませんし、クライアントが儲かればメンバーとして誘われるかもしれません。実際、私は印象のよかったエンジニアをメンバーとして入れたことがあります。30%あげるから一緒にやらない?という風に。
もちろん、紹介があると言っても、めちゃくちゃな価格でやってきたクライアントの紹介ですから、新しいクライアントもめちゃくちゃな価格でやってきます。ひたすらタダ働きが続くこともあります。コーディングが嫌な人にとっては最悪の連鎖です。でも、チャンスはこちらのほうがあるのです。

ですから、単に、会社組織が嫌でフリーでやりたいだけなのか、自分はWebデザインができるからデザイナーをやってるだけで、将来的には大儲けしたいんだと考えてるのか、どちらかということです。

Webデザイナーとして独立して大成功したいなら

独立して大成功したいなら、まず資金を用意することです。
資金がないから小金に飛びついてしまうのです。

毎月家賃などで10万円なくなるとします。
そうすると、少なくとも10万円は稼がないといけませんから、タダ働きをいくらでも受けるというスタンスは貫けなくなります。
そもそも、これが問題なのです。
普通、会社として起業するときはプール資金があります。
ランニングコスト3ヵ月~半年分くらいは用意しておきます。
それなのに、Webデザイナーとしてフリーランスでやっていくという人はこの資金がないかあまりに少なすぎるのです。
だから、条件の悪い仕事は避けて、チャンスのない仕事ばかり受けてしまいます。
もちろん、きちんとしたクライアントから声がかかることもあります。
ただ、Webに詳しいクライアントはあなたの技術を正確に見抜きますし、わざわざHPを作るためだけにメンバーに入れたりはしません。クライアントにとってあなたの必要の程度が少ないのです。

これはWebデザイナーに限らず、税理士だとか行政書士だとか受ける仕事であれば何でも変わりません。

そういうわけで、私はやっぱり、「仕事が面白ければ(ある程度は)金は後からついてくる」と思います。

それに受ける仕事でないなら、業務そのものをやるわけではありませんから、自分に全権があれば何だっておもしろいでしょう。
全権限があって、おもしろくないなら、もうビジネスというものに向いてないんじゃないですかね。

それでは、また。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes