Twitterでの集客はほぼできないと考えるべし

SNSを使う目的のひとつに、無料で集客ができるというのがあると思います。
例えば、Twitterなんかは2000人まではとりあえずフォローできるわけで、フォロー返しをそのうち1000人くらいがしてくれば、とりあえずその1000人にはリーチできるわけです。1000人のうち500人くらいがアクセスしてくれて、そのうち100人くらいが商品を買ってくれたら……こんな風に考えてしまうわけですが、こんなことは200%ありえません。

実際には、2000人フォローして700人~1000人くらいのフォロー返しが得られます。
そのうち何人がサイトにアクセスするかというと、5人~10人くらいです。で、商品を買う人は0人。

そもそも、Twitterのアカウントを見たら、その人がまともな人なのかまともじゃないのかすぐにわかります。

ということは、URL付きのリンクばかりで、いかにも商業的なアカウントだとまともな人はフォローしないわけです。
それでもフォローする人というのは、1.自働フォロー返しの設定になっている 2.フォロー返しすると決めている人 のどちらかです。こんな理由でフォローしたところで、誰もそのTwitterアカウントの発言なんかみません。だからアクセスがないのです。

まだマシなのは、発言にURLがなくて、ちょっとまともなことを言っているアカウントです。
誰にもリプライせず、ただタメになりそうなことを書いているアカウント。
これなら、少しは参考になるかもしれないとフォローしてくれるかもしれません。
ですが、これでもほとんどアクセスはあまり期待できません(実際何度もやったことがあるので間違いありません)。

やらないよりはマシなのですが、基本的に意味ないです。

Twitterに限らず、mixiもFacebookもそうです。
何度もしつこく言っていることですが、SNSでは集客はできません。

いやできるよという人がいたら、教えてください。

もっといえば、集客は基本的に無料ではできません。
無料でできるとしたら、それはただひとつ。オーガナイズ検索です(普通の検索のこと)。

じゃあSEOを頑張ればいいのかといえば、そうではありません。
SEOは効果が出るのに時間がかかるので、意図的に検索結果を上位にあげてアクセスを集めるというのは短期ではほぼ不可です。
したがって、残念なことではありますが、ビジネス初期であれば、お金をかけないことには人はまるで集まらないのです。

唯一、実質的にお金がなくてもできる方法として、支払い時期を調整して与沢さんのようにアフィリエイトを上手く使うとか、広告の支払いを後払いとか分割払いにするとかして、リスクをとることができますが、これは基本的にお薦めしません。私も、ハイリスクでやった事業はいくつかありますが、全部失敗しています。はじめた当初は、つい絶対いけると思ってしまうものなのです。私は、去年の暮れにもそれで100万をパァーにしました。

したがって、ビジネスモデルを考えたら、次はどこに広告を出すのか、すなわち、どこにお金を注ぎ込むのかを考えるべきなのです。
ここまで考えて、はじめてビジネスモデルができたと言えるのです。

なんか同じことを以前にも書いた気がしますが、まあいいでしょう(笑)。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes