WordPressのHTMLエディタのbボタン(strong)に注意!

WordPressを使うときに、一番左にbボタンがあると思います。

それを押すと、こんな風に太字になるわけです。便利なので、つい使ってしまうのですが、bボタンは使わないほうがいいです。
強調したいときは、<>でくくりましょう。手打ちです。

理由は簡単で、SEO的に不利だからです。strongタグは、h1タグやh2タグのように、検索エンジンに対して、これはstrong(強調)なんだと伝える意味をもってしまうわけです。
そうすると、ただ太字にしたいからという理由で片っ端から使っていると、Google君は「全部重要とかいいやがって、スパムかよ!」と勘違いしてしまって、検索順位がウンと下がってしまう。こういうことが起きるみたいなんですね。

このように、ワンボタンで使えるタグには結構罠がしかけられています。
そもそもスタイルシートでもなんでもなく、いきなりタグを打ちこむというやり方が昨今のhtml時代に、いいわけがありません。
Google君は理系頭なので、ごちゃごちゃしたのは嫌いなのです。

結論からいえば、文字装飾は一切しないほうがいいです。

素人が何もわからずに文字装飾をすると、ソースが汚くなりますし、変なタグを使うと検索順位を落とす結果になります。
タグを使うことはマイナス効果になってもプラスになることはありません。
よくわからなければ、やめておくのがいいと思います。

もし使うときは、「このタグ大丈夫なのかな?」と思って調べてみることです。
私も実はstrongタグを使ってて、ふと「なんでbボタンでstrongタグなんだろう?これなんとなくよくない気がするな」と思って調べてみたら、案の定、Strongタグは使うな、の嵐です。

こんな風に少し調べたらわかることですし、勉強にもなりますが、とりあえず使わないに越したことはないと思います。

それにしてもphpやらテンプレートやらテーマ時代がすすむにつれて覚えることが多くて嫌になっちゃいますな。

ちなみに<>とWordPressに書くと、タグとして機能しちゃって表示されないのですが、そういう場合は、はじまりの「<」を「&lt;」、おわりの「>」を「&gt;」をという風に書くことと表示されます(半角の小文字でネ!)。iじゃなくてl(える)です。
「lt」は「less than」、「gt」は「greater than」の略みたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes