WordPressをはじめたら、まずAll in One SEOパックを入れよう

WordPressをはじめたら、まずプラグインのAll in One SEOパックを入れましょう。

All in One SEO Pack は、WordPressで作成したサイトの個別記事に対して、SEOを施すことができるプラグインです。
つまりBlog記事のひとつひとつにバシっと単独のHPのように、キーワード設定ができるんですね。

このプラグインをインストールする方法は適当に調べてもらうとして(このBlogはそういう親切Blogではないので飛ばします)、インストールすると、タイトル、詳細、キーワードというのを入力する欄が増えます。
これがそれぞれ、titleタグ、descriptionタグ、keywordタグに対応するわけですね。
これでいちいちhtmlをいじらなくても、いいわけです。

このtitleタグっていうのは何かっていうと、わかりやすく言えば、Google君に見せるサイトの名前です。ここに、「WordPressの使い方」とか入れておけば、Google君は「なるほど、このサイトはWordPressの使い方のサイトなんだな」と理解してくれるわけです。

例えば、私のBlogは「ダイレクト出版の自己啓発書云々」というタイトルなので、ワードプレスとかそんなに関係ないわけです。それでもせっかくワードプレスの記事を書くなら、このページはこのページで、ワードプレスという言葉でしっかり上のほうに出てくるようにしてもらいたいわけです。
そういうときに使うわけですね。

効果はどれほどあるのか、わかりませんが、titleタグは基本的にかなり強いです。なにせtitleですからね。

皆さんが気になるのは何を入力したらいいかということだと思います。

まずキーワードを決めます。この記事なら、「AllinOneSEO」、「WordPress」、「使い方」とかでしょうか。
どんな風に検索してくる人に見てもらいたい記事なのか考えて、キーワードは3つくらいで考えます。あんまり多すぎるとキーワードひとつひとつの重要性が薄まるようなので、3つで覚えておけばいいと思います。いつも3つでいきましょう。

そうしたら、次にタイトルを決めます。これはキーワードを使って文章にするだけです。
「WordpressのプラグインAllinOneSEOの使い方」とか、普通の記事の名前にしたらこってりしすぎなくらいキーワードを盛り込んだタイトルにします。
詳細(discription)も、タイトルと同じでいいでしょう。実は、discriptionはそれほど大事ではありません。タイトルをコピペしたらいいと思います。いちいち考えるの面倒くさいでしょうし。
※もしこのやり方が間違ってる、SEO的によくないという方がいらしたら、ぜひ教えてください。

そういうわけで、この記事をAllinOneSEOに入力するときは、

タイトル:WordpressのプラグインAllinOneSEOの使い方
詳細:WordpressのプラグインAllinOneSEOの使い方
キーワード:Wordpress,AllinOneSEO,使い方

となりますね。プラグインは入れても入れなくてもいいですが。3キーワードルールで行くのであれば、プラグインは消していいと思います。

毎回毎回、キーワード考えるの面倒くさいと思いますので、最初にキーワードを考えて、それに助詞をつけて文章にして、それをコピペして詳細にしてしまう。このやり方が、簡単でいいのかなと思います。

それにしても、このBlogがひろいスモールワードは与沢さんネタばかりです。
そうすると、もっと書きたくなるのですが、あいにくそんなにネタもないし、私が書くと与沢信者っぷりを暴露してしまうだけですし、何より無理やり書いてもコンテンツの質が落ちるだけですので(ただ面倒なだけというのもありますが)、やめておきます。

では、また!ノシ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes