YouTube集客を学ぼう。「ようじ動画」の少年逮捕される。動機は少年法改正のため。

新しく「ニュース」というカテゴリーを加えました。
適当におもしろそうな(というか私がおもしろいと感じた)ニュースを紹介していこうと思います。
基本コンセプトなので、まあお金儲けにつながる話が、結局は着地点となりますが。

ようじ動画の少年「発言力増すため」万引き否定

今日はこれ。
「ようじ動画」っていうのは何やねんって感じですが、幼児ではなく、楊枝。つまようじでコンビニの商品に穴をあけつづけた少年が捕まったもよう。じゃがりこに上からつまようじを差し込んでそのまま放置して逃げるという、とんでもなく悪いやつだ。

 東京都内のスーパーで菓子の容器につまようじを刺したり、万引きを装ったりする動画が「ユーチューブ」に投稿された事件で、建造物侵入容疑で逮捕された三鷹市の無職少年(19)が警視庁の調べに対し、「捕まりたくなかったので、実際に万引きはしていなかった」と供述していることが同庁幹部への取材でわかった。

 同庁は19日、少年を東京地検立川支部に送検。少年は「発言力を増すため、報道で有名になりたかった」とも供述しており、同庁は、少年が世間の注目を集めようと動画を投稿したとみて調べている。

 同庁によると、少年は昨年12月以降、「万引きしてみた」などとする動画を投稿していたが、実際は自ら持ち込んだ商品を持ち出す様子を撮影していたとみられる。少年は動画を投稿した理由を、「少年法を改正するため有名になる必要があった」「18、19歳は判断ができるので少年法の対象にすべきではないと思う」などと説明しているという。

興味深いの動機が、少年法を改正するため、ってところですね。

私はやっぱり思うんだけど、こういう法律がよくないとか外で言ってても全然だめなんだよね。こういう風に行動しないと。しかもそれは適法なやり方じゃだめなんだよ、法律を変える(革命という)には、法律を犯す必要がある。少年は社会に向けて火炎瓶を投げたのだ。

「万引きしてみた」などとする動画を投稿していたが、実際は自ら持ち込んだ商品を持ち出す様子を撮影していたとみられる。

ということは、つまり、万引きというのは注目のツールに過ぎなかったということだろうか。
少年は、東京から滋賀の米原まで広エリアでやっていたみたいだけど、少年って言っても19歳だから特にすごいっていうほどでもないですね。

こんなわかりやすい動画もあったけど、これは1/14時点なので、彼はそのあと、逮捕されたってことですね。

ここでちょっと宣伝。

2011年、米Googleが発表した情報によると、過去1年間の動画再生回数が1兆回を超えた
巨大人気動画共有サイトのYouTube。世の中には寝ても覚めてもYouTubeを見ているYouTube中毒の人までいる。

どうやらYouTubeはすごそうだ、とあなたはきっと新しい集客の手段としてYouTubeを試してみたくなったと思います。
ところがです。

試しに頑張って動画を作ってYouTubeに投稿しても思ったほど反応がないことが分かります。
それどころか、動画を見てくれるのは既存のお客さんのうちの一部の人だけ。

それでも何事も継続が大事と成果のないまま何カ月も頑張っている。という状況の人もたくさんいます。
なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか?

それは、、、続きはコチラ。本のCMです。変なリンクではありません。

動画をうまく使えると、集客できそうですよね。
今回のようじ動画では、うまく第三者を炎上させてひろめたわけですが、炎上させるってのもひとつのテクニックで、私も前に(狙ってたわけではないのですが)サイトが炎上したことがあり、総叩きにあったのですが、そのサイトはいまだにバックリンクがものすごく強くて今も利益を生み出しています。おいしいですよね。一瞬の炎上なんて放置しておけばすぐ終わっちゃいますし、ちょっと炎上させて…くらいを狙ってやれるとかなりいろいろできますよね。

よくわかる炎上の実態。

炎上といえば、まず2chとかで叩かれますよね。やっぱり早いのは2chです。次にまとめサイトです。そこにツイッターとかFBのリンクとか投稿できますみたいなボタンがあって拡散していく。まとめサイトはまとめサイトのコピーですから、最初のまとめサイトがあらゆるところでコピペされてひろまっていく。ただし、コピペのコンテンツなので評価さほどありません、一番最初のバックリンクの評価がポンとくるだけと考えておくといいでしょう。それにしても効果はかなりありますけどね。

余談ですが、最近、このBlogから本が全然売れなくなったなあとか思ってたら、アフィリエイトリンク変わってるんですよ。
ひどくないですか?笑
変えるのめんどくさ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes